糖尿病とは?本当の原因や症状について

糖尿病とは?本当の原因や症状について

糖尿病とは何でしょうか?

血糖値を調節する仕組みがうまく働かないことが原因で高血糖が続き、それによっていろいろな症状が出るのが「糖尿病」です。

糖尿病の本当の原因とは!?

あなたは、ご存知でしょうか?

糖尿病の意外な原因を


・食べすぎ?

・飲みすぎ?

・運動不足?

 

などですよね。

ある意味正解です。

でも、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足の人、みんながみんな糖尿病になっているでしょうか?

違いますよね。

あなたの周りにも、あきらかに自分よりたくさん食べたり飲んだりしているのに、糖尿病になっていない人がいるのではないですか?

 

時々、「何でわたしが糖尿で、あの人は違うの?」、「ちょっと不公平じゃないの?」と腹立たしく感じることだって正直あるのではないですか?

 

もちろん、食べ過ぎや飲み過ぎや運動不足などは、糖尿病の原因の一つですよ。

だからと言って、食事制限をし、カロリー計算をし、毎日運動をし、そうすれば晴れて糖尿病は治りますか?

それが確実なんだったら、絶対がんばりますよね。

 

もちろんそれで治る人もいるでしょう。

でも、治らない人もいます。いえ、治らない人のほうが多いのではないでしょうか。

 

おかしいと思いませんか?食べ過ぎや飲み過ぎが糖尿病の根本原因ならば、肥満の人はみんな糖尿病になるでしょうし、逆にきちんと食事制限をすれば、みんな治っちゃうはずですよね?

でも、治らないんです。きちんと食事制限をして原因を取り除いたつもりなのに、治らないことが多いんです。それはどうしてだと思いますか?

 

それは、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足が、糖尿病の原因だとは限らないからです。

 

糖尿病って、結局のところ、「糖代謝の異常」である、ということを聞かれたことはおありですか?

 

まず、<糖代謝>について分かりやすく言うと、ブドウ糖を細胞の中にきちんと取り込んで、細胞はそれをエネルギーに変えて消費するという、体の自然なしくみです。

 

この糖代謝が正常に働かなくなっているのが、ざっくり言って糖尿病の実体なんです。

 

さて、糖尿病という病名からすると、甘いおしっこが出てしまう病気のイメージですよね。尿に糖が混じるくらい体にブドウ糖が大量に余ってしまうイメージです。

いえいえ、尿に糖が出るようになってからでは、もう糖尿病はかなり進行しているのですよ。

正確に言えば、糖尿病は「尿」以前に、「血液」の中にブドウ糖が大量に余ってしまう病気、そう、よく「血糖値が高い」と言われる、それなんです。

血液に糖が余る、揚げ句の果てには尿にまで糖が漏れ出てしまう、この異常は、体の中で正しく糖が処理されていない、つまり代謝されていないからなのです。

 

大事なキーワードですので、もう一度言いますよ。

 

糖尿病とは、「糖代謝の異常」です。

 

なぜ糖尿病になるのか、根本原因は、糖代謝の異常なのに、今のところ、糖尿病の治療や治療薬とされているものの多くは、残念ながらそこにアタックできていないと言えるのです。とにかく合併症を起こさないようにして、糖尿病の進行を遅らせている段階なのです。

 

多少の違いはありますが、お薬の多くは、食後の血糖値の上昇を防ぐなどの、血糖値(血糖)のコントロールが主な目的なんです。

確かに、これは糖尿病患者さんのダメージを軽くするために大切な治療です。高血糖の状態を防ぐことは大切です。

でも、これだけでは、まだその場しのぎの治療ということになってしまいますよね。

糖尿病の根本原因である、糖代謝の異常を改善したり治療したりしている訳ではないからです。

 

もちろん、間違ってもお医者さんやお薬の研究や開発をしている人たちには感謝こそすれ、「なんでまだ完治できないんだ」などと文句を決して言ってはいけません。日々医学は進歩していますし、現代医学の持てるものを尽くして、糖尿病に限らず、どんな病気にも真摯に向き合って治療にあたってくださっていますよ。私の親しい友人にも身を削って病気や患者と向き合っているお医者さんがいます。お医者さんに敬意を払い、信頼すべきです。

 

でも、

 

「解決方法があるの?」「あったらぜひぜひ教えてよ!」

 

いっぱいそんな声が聞こえてきますよ。

 

これから順番に説明してゆきますから、ぜひ最後まで付いて来てくださいね。

 

知りたいポイントは、

 

どうやって糖代謝の異常を解決できるのか?

 

という点ですね。

 

まず、糖代謝の異常というものを、もう一度考えてみますね。

これは、基本的には細胞が血液中のブドウ糖を細胞内に取り込めない状態を言います。

 

ブドウ糖は細胞にとって不可欠な栄養です。栄養をもらえない細胞は元気がなくなります。一つ一つの細胞が元気でなくなると、細胞の集合体である、わたしたち自身も元気がなくなる、という訳なんです。

糖尿病はとにかく体がだるくなって、何もやる気が起きなくなる、肌がカサカサして潤いがなくなってくる、などの症状が現われるのもこのためです。

そりゃそうですよね、栄養をもらえないのですから、元気も出ませんしお肌もカサカサしてきます。

 

これは、当たり前のことに思えますが、とても大切な考え方なんですよ。わたしたちは、物を食べれば自動的に元気になる訳ではありません。

食べた物が、きちんと栄養として体中の37兆個とも言われている一つ一つの細胞にきちんと届くことで、元気になっていくんです。そう、これが適切な代謝ですね。

でも、栄養が細胞に届かない、とりわけ糖代謝の異常が起きると、食べても食べても元気にならない、ということになってしまうんです。

 

そして、細胞内に取り込まれなかったブドウ糖はどうなるのかというと、血液中に大量に余り始めます。そうすると、血糖値が上がります。言ってみれば、体中が砂糖漬け。いろんな合併症を起こしてしまうのです。

 

すべては、この糖代謝の異常が原因ということなのですが、では、話を戻して、どうして糖代謝の異常が起きるのでしょうか?

 

このことを追求・研究した結果、驚くべきことが明らかになりました。それを、自信をもってご紹介いたします。

 

名付けて、"GTFクロムフェリン理論"です。

 

GTFクロムフェリン理論?聞いた事がない名前ですよね、怪しく聞こえますよね。

でも、まあどうぞもう少しお付き合いください。

 

GTFという言葉を聞かれたことがおありですか?恐らく、よっぽど詳しい方でない限り、ご存知ないと思います。GTFとは、「グルコース・トレランス・ファクター」という言葉の、頭文字をとったものです。

 

グルコース・トレランス・ファクター

 

日本語では、「ブドウ糖耐性因子」と言います。このGTFは、各細胞の中に存在している物です。

GTFは細胞の中で何をしているの?

GTFにはどんな役割があるの?

 

たとえでご説明しましょう。

 

体の一つ一つの細胞はよく工場に例えられますね。
いろんな作業が細胞の中では行なわれているからです。

 

ブドウ糖

 

この工場で、ブドウ糖は特別なスタッフです。
きょうも血液に乗って工場の前に来ましたよ。
でもこのブドウ糖、いつも工場に入るための鍵を忘れちゃいます。

でもご心配なく!

鍵はしばらくしてすい臓から届けられます。

 

鍵はインスリンです。

 

さあ、鍵を鍵穴に差し込みますよ。

 

鍵穴の役割をするのはインスリン受容体(レセプター)と呼ばれる、細胞膜上にあるものです。この鍵穴も大事なんですよ。インスリン受容体が壊れていると、つまりインスリン受容体の働きが悪いと、扉が開かないのです。

インスリン

 

…あれっ? それでも扉は開きません。

 

なぜでしょう?

 

そうです、この細胞という工場はセキュリティがしっかりしていて、内側から笑顔で迎えてくれる守衛さんが扉を開けてあげないと入れないようになってるんです。

 

この大事な守衛さんがGTFです。

守衛さん(GTF)

この笑顔の守衛さん(GTF)がいないと、ブドウ糖はいつまでたっても工場(細胞)の中に入れないのです。

 

ああ、いました! ここにはニコニコ守衛さん(GTF)がいました!

無事にブドウ糖は工場の中に入れました。

 

こうして一つ一つの工場でブドウ糖がきょうも元気に動き、わたしたちの体も元気に過ごせるのです。

つまり、簡単に言えばこれが糖代謝の正常なしくみです。

糖代謝の正常なしくみ

では、もう少しこの絵本のような話にお付き合いくださいね。

 

もしブドウ糖に鍵が届けられなければどうなりますか?

つまり、ブドウ糖にインスリンが届けられなければどうなりますか?

 

ブドウ糖はいつまでも血液中をさまようことになりますね。

そんなさまようブドウ糖が増えると、ブドウ糖が血液中に増えますから、血糖値が高くなるわけなんです。

 

では、ブドウ糖に鍵が届けられても、鍵穴が壊れているとどうなりますか?

つまり、インスリン受容体の働きが悪いと、どうなりますか?

 

やはりブドウ糖はいつまでも血液中をさまようしかありませんね。

 

ではでは、ブドウ糖が鍵を鍵穴に差し込めても、笑顔で扉を開けてくれる守衛さんがこの工場にいなければどうなりますか?

つまり、ブドウ糖、インスリン、インスリン受容体がそろっていても、GTFが細胞にないとどうなりますか?

 

そうなんです。歓迎もされず、扉も開かず、インスリンもインスリン受容体も無駄、元気をなくし、ブドウ糖はいつまでも血液中をさまようしかないんです。ふてくされたようにブドウ糖は体中で悪さを働きます。糖尿病の合併症はそんなふうに引き起こされてゆくのです。

 

ちょっとまとめてみましょう。

 

ブドウ糖の代謝に重要な物質が幾つ出てきましたか?

インスリン

インスリン受容体

そして

GTF

これら三つですね。

 

まず1つ目、インスリンについてです。

かつては、糖尿病の人は、インスリンの量が足りないと考えられていました。

しかし、どうやらそれだけではない、ということに最近気付くようになってきました。

多くの患者さんは、インスリンはしっかりとすい臓から分泌されているのです。

分泌されているのに、血糖値が下がらない。

薬を飲んでいるのに、血糖値が下がらない。

それはなぜだ?となってきた訳です。

 

次に二つ目、インスリン受容体についてです。

 

先ほど考えましたけど、インスリンという<鍵>がすい臓から届けられても、

細胞膜上にあるインスリン受容体という<鍵穴>と結合しないと、

ブドウ糖が入っていける扉は開かないのです。

インスリン受容体<鍵穴>の調子が悪かったり、壊れていたりすると、ブドウ糖は細胞の中に入ってゆけないのです。

 

ここで、インスリンという<鍵>とインスリン受容体という<鍵穴>との関係に大きな問題があることが分かりますね。

 

この問題を、インスリンや、インスリン受容体の調子が悪いと表現する場合もあります。インスリン抵抗性とも言われます。

 

あなたも、鍵がものすごくひっかかって、なかなか鍵穴に刺さらない! ドアが開かないじゃないか!と、いらいらした経験がありますよね?

 

同じように、調子の良いインスリン<鍵>なら、インスリン受容体と結合しやすいのですが、調子が悪いと結合しません。

また、インスリン受容体<鍵穴>の調子が悪くても、インスリンを受け付けず、はねつけてしまいます。

インスリン(インシュリン)の調子が悪い

たとえインスリン、インスリン受容体の両方がそろっていても

*インスリンの調子が悪い
*インスリン受容体の調子が悪い
*両方とも調子が悪い

こういうパターンが考えられます。

なぜその片方、あるいは両方が調子を崩してしまうのでしょうか。
なぜ両方そろっていても結合してブドウ糖を細胞の中に招き入れることができないのでしょうか。

 

そうです、笑顔で内側から迎えてくれる守衛さんがいないからです。

笑顔で内側から迎えてくれる守衛さん(GTF)

三つ目の重要な物質、GTFが不足しているからなんです。

 

GTFは、インスリンとインスリン受容体の調子を良くし、細胞の内側からブドウ糖を中に招き入れるのに欠かせないものなのです。

細胞の中にGTFがないと扉は開かず、ブドウ糖はいつまでも血液中をさまようしかないんです。

 

ブドウ糖が血液中に余るということは……高血糖になる。

高血糖が続くということは?……糖尿病になる。

正解!

 

と、このようにつながってくるんです。

つまり、GTFが不足すると、糖代謝の異常が引き起こされるのです。

 

糖尿病の本当の原因、これでお分かりになられましたか?

 

そう!GTFの不足だったんです!

このGTFが実は本当に大切な物であることがお分かりいただけたと思います。

 

「えーっ! そうだったんだ! 今までGTFっていう言葉も聞いたことなかったよ!」

 

ですよね!
でもGTFの存在そのものはずっと前から知られていたんですよ。

GTFが初めて発見されたのは、なんと、1957年のことなんです。
アメリカの農務省人間学栄養研究所の理事をしていた、 ウォルター・メルツ博士が、豚の腎臓からGTFを発見したのです。

 

では、なぜこのGTFが不足するのでしょうか?そこがポイントになってきますね。

 

いよいよ核心に迫ってきました・・・・・

糖尿病クロム、GTFの関係

 

糖の正常な代謝に欠かせない、頼もしい守衛さんであるGTF

頼もしい守衛さんであるGTF

 

この「GTF」って、なんか響きがかっこよくないですか?

 

あれっ? 私だけ?

いえいえ、実際にたのもしい物質で、3つの成分が合体してできている物なのです。

 

三価クロム

 

主に、この3つが組み合わさって、細胞内でGTFを作り出しています。このうち、とても重要になるのは、「三価クロム」なんです。

 

三価クロムという言葉を聞かれた ことがおありですか?

三価クロムは、私たち人間に必要な微量元素の一つです。
クロムがなければ、わたしたちは生きていけないんです。

糖の代謝に必要なGTFの主成分であるクロムは、今現代人が最も必要としている成分の一つと言えるんですね。

クロムは体の中でビタミンとアミノ酸と合体してわたしたちを元気にするスーパーヒーローなんです!

 

「ちょっとちょっと! クロムって、ニュースで聞いたことのある、チョ―有害物質じゃないの?」

 

そうそう、言い忘れていました(汗)
その「チョ―有害物質」は六価クロムのほうですよ。

六価クロムは有害
六価クロムは極めて強い毒性を持つ物質です。

 

これからここで「クロム」と言う場合は、すべて三価クロムのことですからね!
六価クロムとは似ても似つかないものですからね。どうぞご安心を。

三価クロムは必須ミネラル
三価クロムは必須ミネラルのひとつです。

 

さて、そんなにクロムが大事なのに、

わたしたちの体をクロムに助けてもらって元気にしてほしいと思ってるのに、

実は現代人は慢性的なクロム不足に陥っているのです。

クロム不足についてはもう少しあとで説明しますから、今しばらく待ってください。

 

クロムが不足すると、そうです、GTFも作られない、というわけです。
そして糖尿病へと。

つまり、クロム不足による糖尿病の発症までのプロセスを表わすとこうなります。

 

糖尿病の発症までのパターン クロムが足りない GTFが作られない 糖代謝の異常(糖尿病)が起きる

 

ここに、このプロセスを証明するとても興味深い資料があります。
クロムと糖尿病との関係についてなのですが、最近に行なわれた調査及び臨床実験では、
糖尿病2型の患者の血清中クロムの量が、なんと正常な人の約半分!であることが、分かったのです。

つまり、糖尿病の人は、糖尿病でない人より、体内のクロムの量が少ない、しかも半分しかない、という訳なんです。

クロムが明らかに不足していたのです。

「それじゃあ、糖尿病の人にクロムを補給してみようよ!」って思われたそこのあなた、
はい、その臨床実験もきちんと行われましたよ。

糖尿病の方にその不足しているクロムを摂取してもらうとどうなるのか。
その結果、驚くべきことが分かったんです。

 

クロムを毎日摂取してもらったところ、
約90%の方の空腹時血糖値、食後血糖値の両方に改善がみられ
ました!

そして、疲労を感じる「口の渇き、多尿、」といった
糖尿特有の症状の改善率も、同じく約90%になったのです!

 

つまり、 クロムを摂取することによって、体内でGTFが作られるようになり、そして糖代謝が正常になっていって、糖尿病が改善されていったのです。

 

このように、糖尿病の方々にクロムが不足している、ということや、糖尿の方にクロムを摂取していただくと改善することは調査結果からも明らかになっています。
以前から糖尿の研究をしている専門家の間では、認められていたことでもありました。

もう一度まとめてみますと・・・

糖尿病の場合 クロムが足りない GTFが作られない 糖代謝の異常(糖尿病)が起きる

糖尿病改善の場合 クロムの摂取 GTFが作られる 糖代謝が正常になり、糖尿の改善

と、こうなる訳です。

 

それで、「糖代謝異常の原因がクロムの不足=GTFの不足」
もしこの理論が正しければ、いくら苦しい思いをして、食べたい物を我慢して食事制限をしたところで、そりゃ治りませんよね。

 

だって、そもそもの原因はクロムが足りないことにあるのですから。

 

食事制限は、簡単に言うと、糖の摂取量を抑えるためですよね。
たくさんの糖質を摂り入れないようにしようという考え方です。

糖尿の改善は確かにそれも必要ですが、クロムの不足によってGTFが作られず、
体内の糖の代謝機能が弱っている、あるいは異常をきたしているのであれば、
たとえ食事制限によってごくわずかな糖分しか摂取しなかったとしても、
そのわずかな糖分すらきちんと代謝、処理できないですよね?

 

この根本原因を解決しないことには、いつまでたっても、糖尿は改善していかないのです。

 

もちろん私は、食事制限を否定している訳ではありませんよ。
何を食べても大丈夫!これさえ飲んでいれば!なんて怪しいうたい文句を言っているところもありますが、そんなことは言いません。
糖代謝の機能が回復するまでは、食事制限は絶対に必要です。

ただ、食事制限をきちんとしていても治らない場合が多いのはなぜか
その原因をご紹介しているのです。

きちんと食事制限を守れる、自制心と精神力がある方の多くが、がんばってもがんばっても、ガマンしてもガマンしても、それでも糖尿病が治らないのは、大変残念なことですし、悲劇だと思いませんか?

もしあなたが、がんばってきたそのお一人であるならば、
「クロム不足が原因かもしれない」と、これで一つ納得していただけたかもしれませんね。

だとしたら、とてもうれしく思います。

 

「クロムの不足、クロムの不足と言うけど、じゃあクロムを摂取すれば問題解決なんじゃないの?
クロムを摂って、GTFが作られて・・・それでOKなんじゃない?
でも、そんな簡単なことで糖尿が良くなっていくの?」

いい質問ですね!
その疑問ももっともです。
しかし、そう簡単にいかないところが世の常でして・・・

では、もう少しお付き合いください。ここからが、この理論の真髄ですから。

 

クロムを摂取すれば、確かに改善する確率が高まります。
しかし問題は、どうやってクロムを摂取するかってことです。

クロムが含まれている食物にはどんなものがあると思われますか?
穀類・豆類・野菜などに含まれていますし、レバーなどにも多く含まれているんです。
じゃあ、そういった食物をバランスよく食べれば、クロム不足も解消されると思いますが、
ところが残念、、、そんな簡単なことではないのです。

なぜかと言うと、クロムは体の中で合体してGTFになってくれるスーパーヒーローとはいえ、
とってもシャイなんです。

つまり、クロムは非常に体内に吸収されにくい物質なのです。

 

シャイで吸収されにくいクロム君

クロムの人見知り、それが一番の問題点です。
たとえクロムを多く含む食物を毎日たくさん食べたとしても、吸収されず排出されてしまいます。
大体、1,000キロカロリー食べても、クロムを15μg(マイクログラム)しか摂取できない
言われています。

 

1,000キロカロリー食べても、クロムを15μg(マイクログラム)しか摂取できない

私たちの体が必要としている一日のクロムの必要量は、サプリメント先進国のアメリカでは200μg(マイクログラム)と言われています。
アメリカ栄養評議会は、クロムの一日摂取量の上限を1000μgとしています。余分なクロムは体外に排出される仕組みになっているからですね。クロムはそれぐらいに極めて安全なミネラルということです。それが先進国の一般的な所見です。

このアメリカ基準で計算すると何と!

一日に1万3,000キロカロリーも食べないといけない
ということになってしまいます。

 

1万3,000キロカロリー分の食事

「こ、これでは、肥満で別の病気になっちゃうよー(汗)」

 

そう、それほど、このクロムは体内に吸収されにくい物質なのです。

 

それに、わたしたち現代人はクロムを含む食物をほとんど食べていないという事実もあるんです。
つまり、クロムはシャイな上に、われわれが知らず知らずにクロムを避けてしまっているのです。

 

どういうことかというと、たしかに、ご飯やパンなどの原料となる穀類にクロムは含まれてはいるのですが、
精製する過程がクセモノです。

クロムは精製する過程でほとんど失われてしまうのです。

 

つまり、食パンや白米などの精製品に、もうほとんどクロムは含まれていないのです。

精製品ばかり食べている、わたしたちの今の食生活そのものが、クロムの不足を助長していることになりますね。そうでなくてもシャイなクロムをわたしたちが避けているとも言えるのです。

 

さらに、もう一つクロム不足の原因があります。何だと思われますか?

それは、年をとることです。

 

「えーっ、そんなこと言われてもー」

 

これはみんなが避けられない現実です。
年齢と共に、体内のクロム量がどんどん減ってくるのです。

わたしたちは、生まれた時や赤ちゃんの時が、一番クロムの量が多い時期と言えます。
お母さんのお乳の中には、たくさんのクロムが含まれているからです。
ですから、赤ちゃんの時にたくさんお乳を飲むことで、クロムを体内に蓄えている訳です。
特に腎臓や肝臓に多く蓄えられています。
でもその後、年と共に段々と蓄えられていたクロムを消費していきます。

 

先ほどご紹介したように、今の食生活ではクロムを新たに摂取することが難しくなっていますから、クロムの蓄えがなくなっていきます。
ですから、糖尿の方が比較的年配の方に多いのも納得できますよね。

今は、若い人にも糖尿が増えているようですが、もしかすると赤ちゃんのころ、いろんな事情で母乳を十分に飲めなくて、いわばクロムチャージができなかったことも大いに関係があるのかもしれませんね。
さらに、インスタント食品の取り過ぎ、肥満などが重なり、糖尿病に向かって加速しているのかもしれません。

 

さらに言えば、せっかく体に入ったクロムを浪費してしまうことさえあるのです。

それは、現代に多いストレス過労です。

こういった要素も体内のクロムを、どんどん消費させる原因ともなっているようです。
そのうえ、「ストレスで甘いものをつい食べ過ぎた」とか「ストレス太りしてしまった」

なんて聞くことがありませんか?

ストレスに限らず、食べたい物を食べ、飲みたい物を飲むなどして、カロリーの多い食事を続けたり、
甘いものを取り過ぎたりすると、過剰に摂った糖分を代謝するために、
蓄えていたクロムを次々に消費していくのです。

このように、クロムがいろんな理由で不足していくのに対し、逆に食物からは一日に必要な量のクロムを摂取することができない。

 

つまり、クロムが不足していくのに、増やせもしない。これではますます悪循環ですね。

 

「あー、一体どうすりゃいいの?・・・・そうだ!そんな時こそ最後の切り札、サプリメント!
クロムサプリメントでしょっ!」

おーっ、なるほど。

食物からでは摂取できないので、クロムだけを サプリメントという形で摂ればいいってことですね?

 

ふむふむ、いい考えですね~。
実際に幾つかクロムサプリメントが販売されています。

 

でも・・・・・残念ながらそれでも駄目なんです。

クロムはとにかくシャイなんです。

 

先ほどもクロムは体内に吸収されにくい、と言いましたね。
それは食物と一緒に体に入っていっても、サプリメントという形であっても、
クロムはすぐに体から出て行ってしまう
んです。

ですから、たとえ市販のクロムサプリメントを毎日利用したとしても、
結局はほとんど吸収されず、排出されているんです。

 

「じゃあ、一体どうすればいいの?」

 

これが、長年の問題だったのです。
しかし、ついにクロムを体内に吸収させやすくする方法が、アメリカのウィスコンシン大学のフランク・マオ博士により開発されました!

クロムを排出せず、しっかりと体内に吸収させる方法が見つかったんです!

 

検索

 

クロムフェリンは救世主

 

クロムが糖尿改善に効果的だということは知る人ぞ知る、前々から知られていたことなんですけど、
「体内吸収率が大変悪いので、どうすればクロムの吸収率を上げることができるか」

それが長年の研究者たちの悩みの種でした。
何とかしてクロムの吸収率を上げることが研究者たちの夢でした。

 

そして、ついにその夢がかなったんです。
ある方法でクロムがシャイを克服できたのです!
クロムは体に入る前に、ある物質と合体したら、なんとシャイを克服できたのです!

それは、クロムを「ラクトフェリン」という物質と結合させるという方法でした。
ラクトフェリンは、乳製品でも最近よく耳にしますよね。

そうです、あのラクトフェリンです。

 

ラクトフェリン
とても人懐っこい「ラクトフェリン君」

クロムとラクトフェリンを結合させることにより、クロムの体内吸収率を格段に向上させることができたのです。

 

それでこのことを

 

三価クロム + ラクトフェリン = クロムフェリン

 

「クロムフェリン」と呼んでいます。

この全く新しい理論を用いた食品が多くの方に希望を与えています。
クロムはクロムフェリンとなることで、なんとウルトラヒーロー、救世主となったのです!

 

クロムフェリン
ラクトフェリンと合体することでシャイを克服した「クロムフェリン」君。

 

では、なぜクロムをラクトフェリンと結合させ、クロムフェリンにすると、
クロムが排出されず体内吸収率が向上するのでしょうか?

ラクトフェリンというのは、要するにタンパク質な訳ですが、
わたしたちの体では、タンパク質は非常に吸収されやすいんです。

そう、ラクトフェリンというタンパク質は人見知りなんてとんでもない、とっても外交的で、すぐにわたしたちの体の中でなじめるのです。
ですから、そんなタンパク質のラクトフェリンとクロムが合体することで、クロムはクロムフェリンとして、生まれ変わったようにシャイを克服できたのです!

つまりこういうことですね。

吸収されやすいタンパク質であるラクトフェリンに、吸収されにくいクロムを結合させてやれば、クロムは吸収されやすくなるんです!

 

いずれにしても、ラクトフェリンのおかげで、クロムは体に吸収できる。
クロムフェリンというウルトラヒーローに生まれ変わって、クロムは細胞まで到着できるという訳なんです。

 

このすばらしい発見と研究の成果が、2004年9月17日にドイツのミュンヘンで開かれた、
第10回「ヨーロッパ糖尿病学会」においてクロムフェリン(GTF) に関する学会発表として公表され、ついに長年の研究が日の目を見ることとなったのです。

その後も、台湾の三軍総医院(台湾で最も医療レベルが高い病院の一つ。台湾政府要員の専用病院。毎年一流の国際医学専門雑誌に論文を発表している)の協力を得て、医薬成分ではないにもかかわらず、重要な研究として位置付けられ、臨床試験が行われました。

さて、いかがですか?
このGTFクロムフェリン理論、ご納得いただけたでしょうか?

クロムが糖代謝の改善に役立つということは、理論上はよく知られていました。
それに、製薬会社や健康食品会社は幾つものクロムサプリメントをたしかに世に送りこんできました。
しかし、 一般に市販されているクロムサプリメントでは、吸収が大変悪いため、思ったような成果が出ないのが現状です。

しかし、クロムの吸収を良くしたクロムフェリンですと、それをクリアできます。

 

糖尿病の根本原因である糖代謝の異常は、病院からのお薬による血糖値のコントロールだけでは
改善されません。

わたしたちの体は、37兆個を超える細胞の塊です。
その細胞の一つ一つに、ブドウ糖という栄養がしっかりと行き渡る必要があります。
そうなれば、当然わたしたちの体そのものも活力に溢れるようになりますね。

それでは最後にしっかり復習ですよ!

 

なぜ糖尿病になるのか?根本原因は何なのか?
順を追って考えてみてください。

 

なぜ?糖尿病になるのでしょうか?
ブドウ糖が血液中に余り高血糖になるからです。

 

それはなぜ?

それは、細胞にブドウ糖が入っていかない、糖代謝異常があるからですね。

 

それはなぜ?

それは、インスリンとインスリン受容体が結合せず、細胞の扉が開かないからでした。

 

それはなぜ?
それは 、細胞内にあるGTFが不足しているからです。

 

それはなぜ?
それは、GTFの主要成分であるクロムが不足しているからです。

なぜ?なぜ?と糖尿病というやっかいな病気の根本を探っていった時に、
このGTFの不足、クロムの不足にぶちあたったのです。

誤解のないように申し上げますが、クロムは万能だとか、クロムは医薬成分だという趣旨ではありません。薬物療法や食事制限や運動は必要ないということでもありません。

GTFが不足すると糖尿病になってしまうという医学的な事実を、できるだけ分かりやすく解説しました。医薬成分でないクロムフェリンだからこそ、食品成分であるクロムフェリンだからこそ、期待できることがありそうですね。

GTFクロムフェリン理論が医療現場でも広く認知され、
食事療法の一環として活用されることを願ってやみません。

 →わかりやすいマンガで理解したい方はこちらから

■ クロムフェリンQ&A

Q:クロムフェリン食品はどこで入手できますか?

A:クロムフェリン食品のサプリメントは、日本を始めとする世界14ヶ国で流通しています。

ところで、3価クロムは医薬成分の中に含まれていないため、3価クロムとラクトフェリンを
結合させたクロムフェリンも医薬成分ではありません。
ですので、クロムフェリン食品は、日本において、「健康食品及びサプリメント」という
位置付けになっています。

クロムフェリン食品の開発は、元をたどれば1957年にさかのぼります。
当時、アメリカ農務省人間栄養研究所の理事をしていたウォルター・メルツ博士が、
豚の腎臓から耐糖因子GTFを発見し、3価クロムがその核心物質であることを確認しました。
こうして、糖尿病の治療に3価クロムが有効であることは、研究者の間でよく知
られるようになったのです。
しかし、3価クロムの体内吸収の悪さが、実用化を邪魔し始めました。
つまり、うまい具合に体内に吸収されると素晴らしい効果を発揮するのに、吸収されないと
何も変わらないということで、なかなか安定した効能を発揮させることができなかったのです。

しかし、GTFについてさらなる研究がなされ、Dr.フランク・マオ(米国ウィスコンシン大学、
内分泌学博士)とその研究チームが、膨大な費用を投じ、10年以上の研究を経てついに2000年、
最先端バイオテクノロジーにより、三価クロムと牛の初乳に含まれるラクトフェリンを結合させ、
吸収率の高い三価クロム、クロムフェリンを作ることに成功しました。

クロムフェリン食品は、中国と台湾では、政府機関FDA
(日本の厚生労働省のような政府機関)の認証を受けています。

ただ、アメリカから個人輸入されているような安価なクロムサプリメントは、
クロムフェリン食品ではありません。
ちなみに、日本で正式に輸入が認められているのは、酵母由来の有機系クロム
使用した三価クロムサプリメントのみとなっています。注意が必要です。

Q:三価クロムの欠乏と糖尿病の関係を示唆するような資料はありますか?

A:台湾の医学博士が執筆したGTFクロムフェリン理論に関する医学論文、
台湾の医療機関の協力を得て行なわれている臨床試験のデータなどがございます。
残念ですが、このサイトでその詳細を公表することは控えさせていただきます。

 

Q:クロムフェリンの臨床試験はどのように行なわれたのですか?

クロムフェリンは医薬成分ではありませんが、台湾の高名な糖尿病専門の内科教授の指揮のもと、
三軍総病院を始めとする4つの病院で、ヒトに対する臨床試験が行なわれました。
被験者は、空腹時血糖値が140mg/dl以上、HbA1cが7.5以上の糖尿病患者190名です。
これを95名ずつのグループに分けました。一方はクロムフェリンを、もう一方は同じ形状の
プラセボ(偽薬)を、朝晩の2回、食事前に摂取しました。
クロムフェリンを摂取したグループのクロム摂取量は、1日あたり400マイクログラムでした。
患者を同じ条件に合わせるために治療薬を統一し、条件が合ったところで4ヶ月間クロムフェリンと
プラセボを投与しました。
患者も医師も、どちらがクロムフェリンで、どちらがプラセボか知らされていない、ダブルブラインド
方式で行なわれました。

 

Q:クロムフェリン理論に関する医学論文やエビデンスは公開されていないんですか?

糖尿病の方の協力を得て、クロムフェリン食品の臨床試験が行なわれましたが、
それはフランク・マオ博士の故郷である台湾の三軍総医院にて現在も継続されています。

言うまでもなく、この研究や開発を先頭に立って行なったフランク・マオ博士が著した
医学論文や、フランク・マオ博士の研究チームが築いてきたクロムフェリン食品の
エビデンスがあります。下記にその一部を掲載します。

 ■ 糖尿病とクロムフェリンに関する医学論文の一例です。(クリックで拡大)
医学論文1
------------------------------------------------
医学論文2
------------------------------------------------
医学論文3
------------------------------------------------

ところで、前述しましたように、三価クロムは医薬成分の中に含まれていないため、
三価クロムとラクトフェリンを結合させたクロムフェリンも医薬成分ではありません。
クロムフェリン食品は、日本においては、健康食品及びサプリメントという位置付けになっています。

そして、日本においては、健康食品に関係する医学論文やエビデンスは、その内容に関わらず、
公開できない規制があります。

確かに、トクホ食品であれば臨床試験データの一部を消費者に公開できるとされ
ていますが、その食品が日本人の食材として広く認知されていることが前提条件となっていて、
認可されるまでに10年以上かかることもあり、数億円のコストがかかると言われています。
青汁でお馴染みの「大麦若葉」も、おなかの調子を整えるトクホ食品として認可されるまでに
10年かかったということです。また、輸入食品がトクホ食品として認可されることはありません。

一方サプリメント大国でありサプリメント先進国のアメリカでは、かなり事情が違います。
アメリカにはFDAという政府機関があります。

FDA(Food and Drug Administration)は、食品医薬品局と呼ばれている公的な機関です。
このFDAの使命や目的の中には、下記のようなものがあります。

 

「医薬品や食品をより効果的に、安全に、そしてより安価にするための技術革新を加速さ せることによって国民の健康を増進すること、そして国民が自らの健康を増進するために必要な医薬品や食料に関する正しい、科学に立脚した情報を国民に与えることもまた、FDAの責務である」

 

FDAは、医薬品だけに高度な水準を求めている訳ではなく、食品、つまり日本でいう健康食品や
サプリメントにおいても、効果性や安全性を求めており、科学に基づいた情報を開示することを
求めています。

それで、サプリメント先進国のアメリカにおいては、サプリメントの安全性や信頼性にも注意が
向けられていて、食品と疾病予防との関連性を裏付ける科学的な証拠あれば、それを公表し、
健康強調表示することができます。

日本が、アメリカのように、サプリメント先進国として発展することを期待したいですね。

 

サプリメント先進国

 

類似品にご注意ください。

※一般に出まわっているアメリカ製などの安価なクロムサプリメントは、クロムフェリン食品ではございません。名称が似ているため、お間違えのないようにご注意くださいませ。

※ラクトフェリンは、クロムフェリン食品ではありません。

※ラクトフェリンと結合していないただの酵母由来のクロムは、クロムフェリン食品ではありません。紛らわしいですのでご注意ください。

※クロムとラクトフェリンを別々に飲んでも、実感を期待できません。

 

検索

お喜びの声

↓ お寄せくださった体験談が漫画になりました! ↓

漫画1

漫画2

 

検索

汗と涙のクロムラクトフェリン研究秘話

 

糖尿と血液の関係

 

桑の葉 徹底解説

無料メルマガ 「くたばれ糖尿病!」 みなさまのお陰で 当サイトのメールマガジンが殿堂入りしました!

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

↓メールアドレスを入力する



詳しくはこちら

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

無料メルマガの登録規約については、まぐまぐ様の規約プライバシーポリシーをご参照ください。

無料メルマガサンプル
 ------------------------------------------------

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

くたばれ糖尿病!~防げ、治せ、やっつけろ~

☆糖尿のどうして?を徹底簡単解説☆
☆糖尿と闘う人を応援するメルマガ☆
https://www.nagayoku.com/

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

 

みなさま、ご購読ありがとうございます!

今回からご購読してくださっているみなさま。はじめまして!数ある健康系のメルマガから、当メルマガを購読してくださって、ありがとうございます。

【このメールマガジンの趣旨】

糖尿病と上手に付き合おう、ではなく、糖尿病と闘う!を合言葉に、絶対に糖尿に負けないという、強くて熱い気持ちを持った方と共に考え、応援していくメルマガです。

糖尿病のなぜ?どうして?を始め、糖尿に関係する色々な情報を、とにかく分かりやすく紹介し、糖尿と闘う気持ちをますます強めて頂きたいと思っています。

さて、今号は

■━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃危険!糖尿病の初期症状はこれだ!   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このテーマでお届けしたいと思います。

 

 

何事にも始まりというものがあります。しかしどうでしょう?われらを悩ませている糖尿病。その始まりをはっきりと自覚している人は少ないようです。「後から振り返ってみれば、たしかにあれは症状の始まりだった」とはよく聞く言葉ですが、発症当時はわからないことがほとんど。早期発見、早期治療が大切と言われるこの病気だからこそ、初期症状のサインを見落とさずにいたいもの。

「もう発症したから、いまさら初期症状なんて関係ないよ」という方もいるかもしれませんね。でも、それは大きな間違い。初期症状を振り返ることで、改めて自分の現状を把握することができますし、今後の変調のサインにいち早く気づくことにもつながります。

では、糖尿の初期症状を改めて考えてみましょう!

 

 

<目次>

1:初期症状は見落としがち?!

2:代表的な初期症状

3:初期症状に気づくコツ

 

○━━━━━━━━━━━━━━━━━〇

1:初期症状は見落としがち?!

○━━━━━━━━━━━━━━━━━〇

いったい、いつが「糖尿病の始まり」だったのでしょうか。2人の方に、発症当時の状況を振り返ってもらいました。

 

Tさん(53歳/男性)

私が発症したのは、42歳のときでした。当時は営業の仕事が忙しく、全国を飛び回っていた時期だったため、付き合いと称して毎日のように外食をし、酒を飲んでいました。

今思えば、完全に自分の健康を過信していました。私の場合、健康診断で血糖値の高さを指摘され、その後の精密検査で糖尿病と診断を受けたのですが、振り返ると、その1年半前から『だるさ』がありました。

朝は起きられないし、昼間は立っていられないほど疲労を感じていました。正直『おかしいな?』とは思いましたが、病院に行く暇もなかったし、時間が経てば治るかと思い様子を見ていました。

それ以前に『自分が病気になるはずがない』と思い込んでいましたから。あのとき受診していたらもっと早く治療を開始できていたはずです。忙しさにかまけて、自分の健康を過信しすぎていました。

 

 

Sさん(58歳/女性)

異常なくらい喉が渇いて、毎日ペットボトルの水を3本飲んでいたんですが、当時夏だったので、『今年の夏は暑いのかな』くらいにしか思いませんでした。ばかですね。

秋口になっても、喉の渇きは収まらず、『おかしいな』と思い始めた矢先のこと。友人と食事をしての帰り道、なんとなく足がふらふらしているな、と思ったら次の瞬間には意識が遠くなって、転んでしまいました。高血糖による意識消失です。

悪いことに、転倒の際に右の太ももを強く打ち付けてしまい、複雑骨折となってしまいました。搬送された病院で調べたところ、血糖値は600mg/dl以上あったそうです。

骨折は一応治ったものの、年齢のせいか冬になるとシクシクと痛みます。もっと早く気づいていれば……。せめて、病院に検査に行っていれば』と悔やむときがあります。

 

 

2人とも、「なにか変だな」と感じていながらも、それがまさか糖尿病だとは思わなかったようですね。「だるさ」、「喉の渇き」。これらは、糖尿病の初期症状ではありますが、いずれも他の病気や単なる体調不良でも見られる症状のため、ついつい見落とされがち。また、「少し経てば良くなるかも」と様子を見ているうちに悪化してしまうケースも少なくありません。

現在わが国では、はじめて2型糖尿病と診断された人の2人に1人が、すでに慢性合併症の初期症状が見られるとも言われています。合併症は、糖尿病の発症から平均10年後に現れるわけですから、その間ずっと見つけられず、だいぶ経ってから診断されるケースが増えてきていると思われます。

劇的な発症をする1型糖尿病に比べて、2型糖尿病の初期症状は水面下で進行していくため、「診断時にすでにかなり進行していた」ということになりかねないのです。

また、糖尿病昏睡(とうにょうびょうこんすい)といわれる、高血糖による意識障害は唐突に発症するため、転倒や事故などの二次被害はもちろんのこと、昏睡による意識障害そのものが命に関わることにも。

現在、糖尿病を患っているにも関わらず診断がなされていない、「隠れ糖尿病」の人は、3人に1人いるとも言われています。それらの人全てに、こういった重大なリスクがあるのです。

 

○━━━━━━━━━━━━━━━━━〇

2:代表的な初期症状

○━━━━━━━━━━━━━━━━━〇

・異常な喉の渇き

糖尿病の方に聞くと、初期症状の自覚として「異常なほどの喉の渇き」を訴える方は少なくありません。読者の方も、きっと身に覚えのある方がおられるでしょう。

喉の渇きが生じる理由は、高血糖にあります。ご存知の通り、血液中に糖が増えると血液がまるで砂糖水のように濃くなります。糖は尿に出る時、同時に水分も一緒に出すため、尿の量が多くなります。その分、水分量は減っているわけですから、体は脱水状態となってしまいます。そこで、脳がもっと水分摂取をするように、血糖を薄めるように指令をだすわけです。しかし、水分は飲んだそばから腎臓へ流れていきますので、さらに排尿したくなるわけです。

とにかく喉が渇く→やたらと水を飲んでしまう→頻繁にトイレに行く。これは、初期の糖尿病におけるお決まりのパターン。この状態に悩まされたという方も少なくないでしょう。水ではなく糖分のあるスポーツドリンクを摂取している場合は、知らぬ間に血糖値が恐ろしいほど跳ね上がっていることも珍しくありません。

 

・視界がぼやける

初期症状のもう一つのサインは、「視界の歪み」

まるで、度の合わない眼鏡をかけているかのように、視界が歪んだり、ピントが合わせづらかったりといった症状が現れます。そのため、仕事中パソコンの文字が読みづらかったり、自動車を運転時に歩行者を見落としてしまったり、といったトラブルが起こることもあります。

この原因も、高血糖にあります。24から48時間以上高血糖が続くと、眼のレンズが水分を吸うように膨らみ、厚みが増すことがあります。これまでとは屈折率が異なるため、ピントが合わせづらくなってしまうのです。多くの場合は血糖コントロールをよくすれば数日で改善しますが、レンズが完全に元に戻るには6週間以上かかるそうなので、高血糖が落ち着いてもその間は十分に注意をしなくてはいけません。

 

・脱力感

前号でお話した、「異常な喉の渇き」や「視界のぼやけ」のほかにも、糖尿病の初期症状と言われるものがあります。その一つが、「脱力感」。

なんとも言えないだるさを感じたり、せっかくの休日だというのに起き上がる気力がなく寝続けてしまったり、といったように、「疲労」として認識されやすいため、初期症状として気づく人は少ないようです。

多くの場合、「しっかり休めば治るだろう」と思い体を休めるのですが、どれだけ体を休めてもあまり改善しないのが特徴です。

糖尿病の初期症状による脱力感は、血糖の変動によって現れるものがほとんどです。高血糖とは、血液中にエネルギーの固まりであるブドウ糖が沢山浮かんでいる状態。それらのエネルギーを体に取り込み使うことができません。なので、体は常にガス欠のような状態。目の前にガソリンがたっぷりあるというのにうまく使えない、という状況なのです。

 

・空腹感

上記の脱力感と並んで、特徴的な初期症状に、「空腹感」があげられます。さっき食事したというのにまたお腹が空いている、いくら食べてもまた食べたくなってしまう、というように、常にお腹が空いている状態です。

実際に食べる量が多くなれば、カロリー過多となり体重が増えるのが普通ですが、糖尿病による初期症状の場合は、なぜか体重が減少することが多いものです。

糖尿病のために高血糖の状態が続くと、血液中にエネルギーの原料となる糖が大量に浮かぶ状態になる、と先ほどお話しましたが、これらの糖は、最終的には尿糖として尿に流れ込み、排出されてしまいます。車で言えばガソリン垂れ流し状態ですね。そのため、いくら食べても体に蓄積されることがなく、体重が減少してしまうのです。

この状態が続くと、体はすでに付いている脂肪や筋肉を分解して、エネルギーを作り出すようになります。結果、痩せてしまうわけです。

糖尿病には体重が増えるイメージがありますが、高血糖状態が続くと、空腹感が続くのに体重が減ってしまうということになります。いわゆる、「いくら食べても痩せてしまう」という摩訶不思議な症状です。

 

・汗が増える

糖尿病の初期症状の一つ、「発汗」。運動したときはもちろん、ちょっと歩いただけ、体を少し動かしただけにもかかわらず、脇や額からとめどなく汗が吹き出してしまいます。それだけではなく、単に食事しているだけ、着替えをしているだけでもびっしょりと汗をかくことがあります。寝汗をかくという人も多いようです。

原因は、糖尿病神経障害。神経障害といえば、糖尿病の3大合併症の一つ。「えっ、初期症状なのに、もう合併症の症状が?」と驚く方もいるかもしれませんね。

でも、残念ながらその通り。初期症状にして、すでに症状が進行している方が多いのが現実なのです。糖尿病性神経障害になると、自律神経が乱れやすくなり、普段ならば汗をかかない状況にもかかわらずたっぷり汗をかいてしまうということが起こります。顔や胸、腕などだけでなく、頭から汗をかくというのも特徴の一つです。

 

糖尿病の初期症状の例

・異常な喉の渇き
・視界がぼやける
・脱力感
・空腹感
・汗が増える

など

 

 

○━━━━━━━━━━━━━━━━━〇

3:初期症状に気づくコツ

○━━━━━━━━━━━━━━━━━〇

このように、2型糖尿病における初期症状はわかりにくいため、早期発見はかなり難しいものです。そんな中でも、自分の体調の変化に気づくにはどうしたらよいのでしょうか。ここでは、いち早く自分の体調の異変に気づき、早期治療を行うことができた方の経験談をお話します。

 

Wさん(43歳/女性)

「私は、母が糖尿病だったこともあり、この病気に関する知識はかなりありました。また、遺伝する部分があるかもしれないと考え、自分も日頃から気をつけるようにしていました。

勤務している会社で、年に1回健康診断があるのですが、その際の血糖値チェックはもちろん、体重の変動にも気をつけていました。

当然食事も気をつけていたつもりなんですが、ある冬の日、やたらと尿の回数が多くなっていることに気づきました。ちょうど忘年会シーズンだったので飲み過ぎのせいかとも思ったのですが、思い込みはいけないと考えなおし、数日間尿の回数をチェックしてみました。

12から14回。明らかに多いです。喉の渇きはさほどなかったのですが、温かいお茶をよく飲んでいました。自分では、『寒いから』と思っていたのですが実際には体が水分を欲していたのでしょう。

母の持っていた血糖値測定器を借りて測ってみたところ、250mg/dl。ものすごく高いわけではないですが、念のため受診しました。医者には『こんなに早く見つかるケースは少ない』と言われましたよ。」

 

 

Wさんの場合、身近に糖尿病の人がいたということもあり症状に詳しかったことが早期発見につながりました。しかし、それだけではなくWさん自身が、自分の体調を過信することなく、冷静に自分の状態をチェックしていました。そして「もしかしたら」を考え、早めの受診を心がけていました。その姿勢が初期症状の早期発見につながったのではないでしょうか。

 

*.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*

■意外と知られていない、2型糖尿病の根本原因とは?内分泌学博士フランク・マオの発見に注目!マンガで理解したい方はこちらから

⇒https://www.nagayoku.com/cause/

糖尿病は、究極的には、血管の病気だという話を、聞かれたことは、ありますか?全身の血管に、正しく血液が流れていかなくなってしまうのです。血液の流れが悪くなるとどうなるのでしょうか?

■糖尿病と血液の流れの深い関係とは?

⇒https://www.nagayoku.com/blood/

■糖尿病で一番怖い合併症と言えば「脳梗塞」!?あなたの血管は大丈夫ですか?気になる「脳梗塞」を徹底解説

⇒https://noukousoku119.com/

脳梗塞の初期症状チェック、予防、改善にお役立てください!

*.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*

 

★今回のまとめ

いかがでしたか?発症当時のことを思い出した方もいたかもしれませんし、今の自分がまさにこれだとドキッとした方もおられるかもしれません。

・糖尿病であるにも関わらず診断されていない人が3人に1人いる

・糖尿病とはじめて診断されたときに、すでに合併症を有してい

ることも少なくない

・喉の渇き、視界の変化などの初期症状があるが気づきにくい

・初期症状に気づかないために、知らぬ間に進行している可能性
がある

・体調を過信せず早めに受診する

 

///////////////////////////////////////

◆心臓・血管の病気ナビ
https://sinzoukekkanbyouki.com/

◆男性の健康問題なっとくガイド
https://danseibyouki.com/

◆目の悩み解消ラボ
https://menayami.com/

◆女性の病気…女性のお悩み解決ナビ
https://joseibyoukinavi.com/

◆体内バランスの崩れ・尿の問題スッキリネット
https://nyoubyouki.com/

◆皮膚のお悩み完全攻略ガイド
https://hifunobyouki.com/

◆耳・鼻・のどの病気ガイド
https://jibiinkoukanavi.com/

◆心の病気ヘルプナビ/メンタルケア完全解説ガイド
https://kokorobyouki.com/

◆骨・関節・筋肉の病気克服ナビ
https://seikeigekanavi.net/

◆身近な病気解決ナビ
https://seikatubyouki.com/

◆呼吸の不安徹底解説ナビ/呼吸の病気解明ラボ
https://kokyuubyouki.com/

◆お腹の健康完全ガイド
https://onaka-byouki.com/

///////////////////////////////////////

 

 

○━━━━━━━━━━━━━━━━━〇

編集後記

○━━━━━━━━━━━━━━━━━〇

日常の生活の中で、いつも体調に気を配り、「もしかしたら……」を第一に考えこまめに受診を心がける、というのは口で言うのはたやすいですが、行うのはなかなか難しいもの。

めまぐるしく変わる日々の生活、そこまで自分に時間をかけられないという人も多いでしょう。でもそんなとき、持って欲しいのが、「待てよ」という一言。

「きっと疲れ過ぎだろう」、「少し休めば治るだろう」その思い込みを捨て、ほんの一瞬、「待てよ」と踏みとどまる。それができれば、今よりも自分の体調を把握しやすくなるはずです。

過信は禁物。微妙な変化を感じ取るアンテナを育てたいものです。

 

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

感謝

 

 

*.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*

★facebook★より更に詳しい情報を配信スタートしました!「いいね」を押して気になる情報を受け取ってください。

↓↓↓↓↓

https://www.facebook.com/nagayoku

*.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*

-----------------------------------------------------------------------------

検索

▲このページの最初に戻る

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。

基礎講座一覧

脳梗塞解説ガイド

なるほど糖尿コラム