糖尿病の本当の原因は?|糖尿病の事なら「流れて良くなる.com」

基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

解決編 糖尿病からの脱却
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > 糖尿病の本当の原因

糖尿病の本当の原因

   流れて良くなる.comは、糖尿病の専門サイトです。糖尿病の食事、糖尿病の治療、糖尿病の原因、糖尿病の症状についてわかりやすく解説しています。

流れて良くなる.comへようこそ

 

あなたは
ご存知でしょうか?
糖尿病の本当の原因を


  • 食べ過ぎ?
  • 飲み過ぎ?
  • 運動不足?

いえいえ
糖尿病の本当の原因は
違うところにある
のです。


それは何だと思いますか?

尿病発症の本当の原因をご存知でしょうか?
一般的には、糖尿病について色々なことが言われていますね。

まず糖尿病の原因として、真っ先に思い浮かぶのは

  • 食べ過ぎ(食事過多)?
  • 飲み過ぎ?
  • 運動不足?

などですよね。

どれも糖尿病の原因の一般論としては正解です。
でも、食べ過ぎ(食事過多)、飲み過ぎ、運動不足の人がみんな糖尿病になっていますか?
違いますよね。みなさんの周りにも、自分よりたくさん食べたり飲んだりしているのに、
糖尿病になっていない人もたくさんいるのではないですか?

時々、何で俺が糖尿であいつは違うんだ、と腹立たしく感じることだって
正直あるのではないですか?

確かに、食べ過ぎ(食事過多)や飲み過ぎなどが、糖尿病の原因の一つになって
いることは事実です。でも、食事制限をして、カロリー計算をして、
毎日運動をして…そうしていればこの病気、糖尿病は治りますか?

治る人もいるでしょう。
でも、治らない人もいます。いえ、治らない人のほうが多いのです!

かしいと思いませんか?食べ過ぎ(食事過多)や飲み過ぎが糖尿病の本当の
原因ならば、肥満の人はみんな糖尿病になるでしょうし、逆にきちんと
食事制限をすれば、みんな糖尿病が治っちゃうはずではないですか?

でも、治らないんです。きちんと食事制限をしていても、糖尿病が治らないことが
多いんです。それはどうしてだと思いますか?
それは、食べ過ぎ(食事過多)や、飲み過ぎ、運動不足が、糖尿病の真の原因、
糖尿病の本当の原因ではない!からです。

なぜそう断言できるのでしょうか?

糖尿病とは、結局のところ、「糖代謝の異常」である、と言うことを
聞かれたことはおありですか?
ブドウ糖が大量に余ってしまい、尿に流れ出てしまいますが、それは体の中で
正しく糖が処理されていない、つまり代謝されていないからなのです。

ブドウ糖が、細胞の中にきちんと入って行って、エネルギーに変わるという、
体の自然な作用が働かなくなっているのです。
これが、この病気、糖尿病の実態なんです。

一般に糖尿病とは、血糖値が高い状態が続いていることを言いますが、
なぜ血糖値が高い状態が続くかと言うと、
糖がきちんと代謝されていないからなのです。

大事なキーワードなので、もう一度言いますね。

糖尿病とは、「糖代謝の異常」です。根本は、糖代謝の異常で
あるにも関わらず、今の治療はその糖代謝の異常を改善することには
至っていないのが現状なんです。

  • 病院からもらうお薬の量や種類が、年々増えている。効かないから量を増やす。
    効かないから種類を変える。これでいいのだろうか?
  • 確かに血糖値などの数値は下がってきた。でも体が元気になったような気はしない。
    なぜだろう?
  • 数値は下がっているが、薬を飲むのを止めればまた数値は上がるのではないだろうか?
    自分はこのまま一生薬を飲み続けるのだろうか?


こんなことをお考えになったこと、一度や二度おありではないでしょうか?

糖尿病の方のほとんどが、病院で検査をしてもらい、そしてお薬をもらって
帰ります。毎日、毎日、糖尿病のお薬を飲まれますが、それでもあまり効果が
上がらない場合があります。

たとえ血糖値が下がったとしても、薬をやめると、また数値が上がり始めます。

一体なぜ?
一体なぜこうなってしまうのでしょうか?

それは・・・

 一体なぜ?病院では教わらない真実とは?

院からもらう糖尿病のお薬の量や種類が、年々増えている。効かないから
量を増やす。効かないから種類を変える。これでいいのだろうか?

『確かに血糖値などの数値は下がってきた。でも体が元気になったような
気はしない。なぜだろう?』

『数値は下がっているが、薬を飲むのを止めればまた数値は上がるの
ではないだろうか?自分はこのまま一生薬を飲み続けるのだろうか?』

こんなことをお考えになったこと、一度や二度おありではないでしょうか?

確かに病院で定期的に検査を受けて、血糖値などの数値を正確に把握
して、良いアドバイスをもらうことは、とっても大事です。

でも……病院の薬では糖尿とサヨナラすることは難しいのです。
なぜそう言えるのかと言いますと……

今の治療法の大きな問題点は、糖尿病の根本原因を無視して、
とにかく糖尿病の合併症を起こさないようにしているだけである、からなんです。
血糖値をコントロールして進行を遅くしているだけで、この病気の根本に
アタックしているわけではないのです。

たとえば、それは病院でもらう糖尿病薬の効能を見ればよく分かります。
糖尿病治療薬の代表的な物2つを取り上げて考えてみましょう。

  • α−グルコシダーゼ阻害薬   商品名:「グルコバイ」「ベイスン」等
  • スルフォニル尿素薬   商品名:「オイグルコン」、「ダイアグリコ」、「アマリール」等

れらの糖尿病の薬は、多少の違いはありますが、基本的には食後の血糖値の
上昇を防ぐことなどの、血糖値のコントロールに主眼が置かれています。
確かに、高血糖の状態を防ぐことは大切ですが、あくまでもその場しのぎ
の治療であることに変わりはありません。
なぜなら、これらの薬は、糖尿病の根本原因である
糖の代謝異常を改善している訳ではないからです。

体がきちんと糖を代謝できないから、血糖値が上昇する訳ですよね。
高血糖は、問題の原因ではなく結果です。そうです、血糖値の上昇は
あくまでも原因の結果です。いくら糖尿病の薬を服用して血糖値を下げても、
結果を対処しているだけで、根本原因を解決していないことになりませんか?

たとえて言うならばこういうことになります。

なたは海の上でボートに乗って、優雅にバカンスを楽しんでいます。
しかし、急にボートの底に穴が開き、海水がどんどん入ってきました。
このまま放っておいたら沈んでしまいます。さて、あなたならどうしますか?

楽しいバカンスのはずが・・・

2つ方法があります。

  • 1)入ってきた海水を、バケツですくって外に捨てる。
  • 2)穴をふさぐ


さて、あなたはどちらを選択しますか?

1)の方法は、はっきりいって疲れます。水をすくっては捨て、すくっては捨て…
これを繰り返さなければならないからです。
ちょっとでも手を休めると、あっという間に水が一杯になり、ボートは沈み始めます。
バカンスどころではありませんよね。

2)の方法はどうでしょうか?
穴をふさいで治すだけです。もう海水は入ってきません。
どうぞまたバカンスを楽しんでください。

さて、もう一度お聞きしますが、どちらの選択が正しいと思われますか?

もちろん2番の方法ですよね。


水が入ってくるのは、原因ではなく結果です。原因は、穴が開いたことです。
であれば、当然穴を修理し、ふさいで、根本原因を解決するべきではない
でしょうか?
そうです。水をいくら外に出したってまた入ってくるのですから、
穴をふさがないと駄目なんです!


も、今の糖尿病の治療法は、まさに1番の方法と言えますね。
この病気、糖尿病の根本原因を解決するのではなく、原因の結果である
血糖値の上昇を防ぐことに終始した治療が、現在の主な糖尿病の治療法なのです。
血糖値が上昇すればそれを下げ、上昇すればそれを下げ、それを延々
繰り返しているのです。
水をすくっては外に出し、すくっては外に出し・・・これに似ていませんか?
これでは、いつまでたっても糖尿病は治りませんし、いずれ疲れてしまいます。

しかも、糖尿病の薬を飲むのを止めたり、気を緩めて食べ過ぎたり飲み過ぎたり
するならば、途端に体がおかしくなってしまいます。一生副作用のある薬を飲み、
一生食べたい物を我慢する生活、それで本当に人生を楽しめるでしょうか?


わたしたちは、我慢するために生きているのではなく、人生を楽しむために
生きているのではありませんか?そう、好きな仕事をしたり、趣味を楽しんだり、
愛する人のために何かをしてあげたりして、人生を楽しむために生きたいと
思っているんです。
水をすくっては外に出す生活では、人生を楽しめません。
人生を楽しむためには、2番の方法しかないのです。問題の根本原因を解決する
しかないのです。

糖代謝の異常を解決するしかないのです。

では、どうやって糖代謝の異常を解決できるのでしょうか?
そもそも、なぜ糖代謝の異常が起きるのでしょうか?
次にそのことを、ご一緒に考えてみましょう。


糖代謝異常の原因

尿病とは、糖代謝の異常だと言うことを紹介してきましたが、
そもそも、なぜ体が糖代謝の異常を起こしてしまうのでしょうか?
それを考えてみましょう。

まず、糖代謝の異常というものを、もう一度考えて見ますね。
これは、基本的には細胞がブドウ糖を細胞内に取り込めない状態を言います。

ブドウ糖を取り込めない細胞は、栄養というエネルギーをもらえないので、元気が
なくなる訳です。一つ一つの細胞が元気がなくなるということは、細胞の集合体で
ある、わたしたち自身も元気がなくなる、という訳なんです。
糖尿病になると、とにかく体がだるくなって何もやる気がおきなくなる、肌がカサカサ
して潤いがなくなってくる、などという症状が現われますが、それもこのためです。
そりゃそうですよね、栄養をもらえないのですから、元気も出ませんしお肌もカサカサ
してきます。

これは、単純で当たり前のことに思えますが、とても大切な考え方なんですよ。
わたしたちは、物を食べれば自動的に元気になる訳ではありません。食べた物が、
きちんと栄養として体中の60兆個とも言われている一つ一つの細胞にきちんと
届くことで、元気になっていくんです。
でも、栄養が細胞に届かないという、糖代謝の異常が起きると、食べても食べても
元気にならない…ということになってしまうんです。

そして、細胞内に取り込まれなかったブドウ糖はどうなるのかというと、血液中
に大量に余り始めます。そうすると、血糖値が上がり、色々な糖尿病の合併症を
起こしてしまう、ということになっていくのです。

すべてはこの糖代謝の異常が原因ということなのですが、
では、どうして糖尿病だと糖代謝の異常がおきるのでしょうか?

このことを追求・研究した結果、驚くべきことが明らかになりました。
それが、「流れて良くなる」が自信をもってご紹介いたします、糖尿治療の最新理論です。

名付けて、糖尿病の"GTF三価クロムミルク理論"です。

GTF三価クロムミルク理論…?聞いた事がない名前ですよね、怪しく聞こえますよね。
でも、まあどうぞ、もう少しお付き合いください。

GTFという言葉を聞かれたことがおありですか?
恐らく、よっぽど詳しい方でない限り、ご存知ないと思います。
GTFとは、「グルコース・トレランス・ファクター」という言葉の、頭文字をとったものです。

  • G(グルコース)
  • T(トレランス)
  • F(ファクター)

日本語では、「ブドウ糖耐性因子」と言います。このGTFは、各細胞の中に存在
している物です。細胞の中で何をしているかと言うと、簡単に言うと、インスリン(インシュリン)と
細胞を結合させるようにしているのです。糖尿病には、インスリン(インシュリン)というものも深く
関わっている、ということはご存知だと思います。ご飯を食べると、すい臓から
インスリン(インシュリン)が放出されて、そして糖を代謝する助けをしてくれます。
ですから、食後すぐは血糖値が上がりますが、インスリン(インシュリン)が正常に機能を果たす
と、血糖値がまた元に戻ります。しかし、インスリン(インシュリン)の働きをもうすこしだけ詳しく
調べてみると興味深いことが分かるのですよ。


実はインスリン(インシュリン)は、各細胞と結合して初めて、役割を果たすのです。
ちょうど、インスリン(インシュリン)が鍵で、細胞の表面にある、インスリン受容体(レセプター)
と呼ばれる部分が鍵穴になります。インスリン(インシュリン)という鍵が、細胞の鍵穴に差し込ま
れると、いわば細胞のドアが開き、そのドアからブドウ糖が細胞内に入っていけるようになります。
そして、細胞が栄養をもらい、我々は元気になれるのです。血糖値も正常に下がります。


このように、インスリン(インシュリン)と各細胞の表面にある、インスリン受容体が結合して
初めて、正常に我々の体が機能します。つまり、糖が代謝されるのです。

しかし、いくら鍵があるからといっても、それが鍵穴に勝手に刺さって扉が開く、
ということはありませんよね。
インスリンという鍵をつかって細胞の扉を開けるためには、守衛さんが必要です。
じつは、この「GTF」という物質は、そのインスリン(インシュリン)とインスリン受容体を結合させ、
扉を開くようにさせている守衛さんのような働きをする成分
なんです。



そうです、GTFは糖を代謝させる上でとても重要な役割を担っているんですよ。

GTFが、インスリン(インシュリン)とインスリン受容体が互いに引き合うようにさせ、結合力を高めているのです。

どうですか?GTFって聞いたこともない言葉ですけど、本当に大切な物であること
がお分かりいただけたと思います。
しかし、このGTFの存在はずっと前から知られていました。GTFが初めて発見された
のは、1957年のことです。アメリカの農務省人間学栄養研究所の理事をしていた、
ウォルター・メルツ博士が、豚の腎臓からそれを発見したのです。

では、GTFが糖代謝に必要な物であることは分かりましたが、もしGTFが細胞の中
に存在しなければ、どうなるでしょうか?

GTFのおかげで、インスリン(インシュリン)と細胞膜上のインスリン受容体が結合できる訳
だから、そのGTFがなければ、インスリン(インシュリン)とインスリン受容体は結合しない。

結合しないということは、扉が開かない。

扉が開かないということは、ブドウ糖が細胞の中に入れない。

中に入れないと、ブドウ糖は血液中に余る。

ブドウ糖が血液中に余るということは、高血糖になる。

高血糖が続くということは …… 糖尿病になる。

正解!

と、このようにつながってくるんです。
つまり、GTFがなければ糖代謝の異常が起きる。→糖尿病になる。
という訳なんです。

糖尿病の本当の原因が、お分かりいただけましたか?

そう!GTFの不足なんです!


かつては、この病気、糖尿病の人は、インスリン(インシュリン)の量が足りないと考えられていました。
しかし、どうやらそうではない、ということに最近気付くようになってきました。
多くの患者さんは、インスリン(インシュリン)はしっかりとすい臓から分泌されているのです。
分泌されているのに、血糖値は下がらない。それはなぜだ?となってきた訳です。

扉を開ける鍵を持っていても、鍵穴に差し込まないと扉は開きません。
同じように、インスリン(鍵)がすい臓から分泌していても、細胞膜上にあるインシュリン受容体(鍵穴)と
結合しないと、ブドウ糖が入っていける扉は開かないのです。

問題は、そこにあったんです。
インスリン(インシュリン)とインスリン受容体が結合しないことにあったんです。
この状態を、「インスリン(インシュリン)が元気がない」とか、「インスリン受容体が元気がない」と
表現する場合もあります。
元気なインスリン(インシュリン)は、インスリン受容体と結合しやすいのですが、元気がないと結合しません。

同じく、インスリン受容体が元気がないと、インスリン(インシュリン)を受け付けなくなり、
はねつけてしまいます。

  • インスリン(インシュリン)が元気がない
  • インスリン受容体が元気がない
  • 両方とも元気がない

こういうパターンが考えられます。

なぜその片方、あるいは両方が元気をなくしてしまうのでしょうか。
なぜ結合しないのでしょうか。それは、GTFが不足しているからでしたね。


では、なぜ、このGTFが不足するのでしょうか?

そこが糖尿病克服のポイントになってきますね。

いよいよ核心に迫ってきました。この続きは下記からお調べください。

なぜGTFが不足するのか
その原因はこちらから


続きを読む

 

 

▲ページのトップに戻る

無料メルマガ 「くたばれ糖尿病!」
みなさまのお陰で、当サイト 「流れて良くなる」のメールマガジンが殿堂入りしました!

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

  • ・糖尿病でお悩みの方
  • ・糖尿病になるのではないかと心配している方
  • ・ご家族に糖尿の方がおられる方
  • ・糖尿病にならないためにはどうすればいい?と、お思いの方

そのような方にこの「流れて良くなる」のメルマガはお勧めです。症状や、予防のための生活、改善するための方法など、全編役立つ情報が満載です。

ところで、このタイトル「くたばれ!糖尿病」ですが、「す、凄い名前ですね」。と何十人にも言われました。確かに、自分で付けておいて言うのも何ですが凄い名前ですね。改めて見てみますと・・・(汗)

でも、これは私の気持ちを素直に表現しただけなんです。

そして、糖尿病に悩んでいる方や、サポートするご家族、ご親族、ご友人のみなさまの気持ちを代弁してもいる、と思っています。 糖尿病になってしまうと、食べる物や飲む物を制限されることはもちろんですが、生活全体が影響を受けてしまいます。歩いたり、本やテレビを見たりすることさえ、できなくなってしまうこともあります。

本当に、くたばれ糖尿病!です。

この「流れて良くなる」のメールマガジンは、糖尿病と上手に付き合っていく、のではなく
糖尿病をやっつける!をキーワードに、予防と改善の両面を取り上げていきたいと思っています。

えっ? 糖尿病は上手に付き合うものじゃないの?

はい。一般的にはそう言われていますが、実は私はその表現が 大っ嫌い!なのです。

だって、この病気は、わたしたちから、おいしい物を食べる楽しみ、おいしい物を飲む楽しみ、自由に動き回る喜び、趣味などを楽しむ喜び、そういった生きる楽しみや喜びを奪うのですよ。

しかも、それだけではありません。 生きることさえ、奪う事だってあるのです。

糖尿病はわたしたちが生き、楽しむ上での敵です。 そんなものと私は上手に付き合いたいとは思いません。 仲良くしていきたいとも思いません。 むしろ、やっつけてやりたい!と思います。 あなたもそう思いませんか?

糖尿病と上手に付き合おう、仲良くやっていこう、そう思っている段階で、もうすでに負けているんです。糖尿病という病気に対して、下手(したて)に出るのではなく、やっつけてやる! という強い気持ちとやる気が必要なんです。

そういう、糖尿病をやっつけてやる!そして絶対に健康になってやる!と決意しておられるみなさんと、一緒になってこの「流れて良くなる」のメールマガジンを作り上げていきたいと思っています。 糖尿病という敵をやっつけるためには、まず敵を知らなければなりません。 ということで、糖尿病に関しての分かりやすい情報をお届けいたします。そして、糖尿病予防のための情報をお届けすることによって、糖尿病が心配な方が、糖尿病にならないために何が必要なのかをご紹介いたします。

また、改善のための情報をお届けすることによって、実際に糖尿病の方がどのように病気と闘っていけるかを、ご紹介いたします。 また、「流れて良くなる」のメルマガでは、正しい食事療法や運動療法、薬物療法の仕方や考え方をご紹介してまいります。

本屋さんに置いてある、糖尿病に関する当たり前な情報や、小難しい専門用語ばかりの本などに飽きている方には特にお奨めです!

「流れて良くなる」のメルマガでは、楽しく、そして元気が出る情報をお届けいたします!

糖尿病と上手に付き合うのではなく、やっつける! ちょっと変わった発想で、この病気と闘うみなさんを応援いたします!

「流れて良くなる」の提供する、糖尿病専門の無料メールマガジン

「 くたばれ糖尿病! 〜 防げ、治せ、やっつけろ 〜 」

毎回下記のような内容の情報が届きますよ。

 


 メルマガサンプルはこちらから

 

 

  • ・あれ、この症状はもしかして糖尿病?
  • ・どうすれば糖尿病を予防できるの?
  • ・どうすれば改善するの?
  • ・家族が糖尿病に、どうすればいい?
  • ・食事制限はどうすれば?

「流れて良くなる」のメルマガは、そんな疑問や質問を解決いたします。下記にEメールアドレスをご入力いただき、「配信許可」ボタンを押すと次号からEメールで届きます。もしお役に立たなければ、いつでも解除可能ですのでご安心ください。

購読者数:  35,000名を突破 [ ]

「流れて良くなる」のメールマガジンでは、糖尿病のことについてさまざまなアプローチで解説しています。
みんなで一緒に糖尿病について勉強しましょう!

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

メルマガのご感想

秋山さん

糖尿病と上手に付き合う、母が通っている病院の先生も同じ言葉を言っていましたが、わたしたちはなんだか違うなと思ってました。ただ何が違うのか、どのように表現したらよいかがわからなかったのですが、この流れて良くなるのメルマガを読んで分かったような気がしました。「くたばれ!」という気持ちだったんですね。私の大切な母を苦しめる糖尿についてもっと勉強して、絶対に治してやりたいと思います。

Iさん

糖尿病の情報は難しいものが多いですが、これは分かりやすい。糖尿病を我々の敵にたとえているのもおもしろい。病気とは闘うものなんだと改めて思った。これからもよろしく。

相澤さん

血糖値が高いことを砂糖水の法則と書いてましたね。本当にその通りだとうなずきながら読みましたよ。

太田さん

分かっているようで分かっていなかったことが、これを読んで本当に分かった。

Yさん

みんな同じようなことで悩んでいることが分かって安心しました。

Oさん

私は糖尿病ではないのですが、父がそうです。勉強して少しでも教えてあげたいと思い、いつも楽しく読ませていただいてます。とくに今回は笑っちゃいました。流れて良くなるのメルマガは話が固くなくてわかりやすいですね。これからもユーモアを織り交ぜながら、ためになるお話を期待してます。

それでは、実際のメールマガジンでみなさまとお会いできるのを、楽しみにしています!

あなたはご存知でしょうか? 糖尿病の本当の原因を・・・

なぜGTFが不足するのか
その原因はこちらから


続きを読む

 

 

■流れて良くなるってどんなサイト?
このサイト「流れて良くなる」は、糖尿病に絞った情報をお届けしています。
糖尿病を様々な角度から取り上げ、この病気と闘う気持ちを強く持っていただきたいと思っています。糖尿病は、単純なようで、なかなか理解するのが難しい病気です。本屋さんでもインターネットでも、この病気に関するたくさんの情報がありますが、どれも専門用語を使って説明されていて、結局よく分からないという声をよく聞きます。ただでさえ難しい病気を難しく説明されても、それは理解できませんよね。

そこで、「流れて良くなる」では、基本的に難しい専門用語は使わず、とにかく分かりやすく丁寧に説明することを目標としています。ですから、きっと多くのみなさまに糖尿病についてきちんと理解していただけるものと思っています。

今後日本中で、約2,000万人の方が糖尿病で苦しんでしまうのではないか、という統計もあります。
糖尿病はもはや他人事でもなく、以前に言われていた、ぜいたく病でもなんでもなくなりました。これは、普通に誰もがなってしまう病気です。

糖尿病によって引き起こされる重大な症状の一つに、血液の流れが悪くなる、というものがあります。血液自体がドロドロになり流れが悪くなることはもちろん、血管の中に血栓(血のかたまり)ができることによって、そこから先に血液が流れなくなり、それが心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。目の疾患や肩こり・腰痛、さらには生理痛や生理不順なども血液の流れが悪くなることが原因とも言われています。糖尿病によって引き起こされる重大な合併症の多くも、結局は血管障害であり、血液の流れが悪くなることによって起きています。

私どもは、糖尿病によって血液の流れが悪くなることが様々な病気の原因となっていることを考え、
当サイトを、流れて良くなる.com と名付けました。

「流れて良くなる」では、この因果関係の深い糖尿病と血液の流れに関して、特に掘り下げてご紹介しております。 また、流れを良くするためのヒントとなる情報も紹介しております。

まずは、左の項目から関心のある情報を調べてみてください。
「基礎編機Ν供廚任蓮△海良袖い里瓦基本的なことを取り上げています。
また、「合併症・関連病気編」は、糖尿病の症状にはどんなものがあるのか、合併症や関連する病気には何があるのかなどを取り上げています。

ではどうぞ、「流れて良くなる」のサイトで、ゆっくりお調べください。

▲ページのトップに戻る

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。