基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

なるほど!糖尿コラム
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > ストレスと糖尿病

ストレスと糖尿病

一般的に糖尿病が発症する主な原因としてあげられるのは、食べ過ぎ・飲み過ぎ・体質の遺伝・運動不足などです。しかし、近年では糖尿病が発症する重大な原因が「ストレス」だといわれています。 ストレスによって糖尿病が増加している今、どのようにストレスと糖尿病が関係しているのかを知ることが大切です。そこで今回は、糖尿病とストレスの関係性についてご紹介します。

ストレスの定義とは?

ストレスは、同じ刺激や環境であってもそれが負担に感じる人もいれば感じない人もいます。それゆえ、すべての人が必ずしも同じ環境で同じストレスを感じるというわけではありません。
それでは、ストレスとは具体的にどのようなものなのでしょうか。以下では、知っておきたいストレスの特性についてご紹介します。

ストレスは、体や心への負荷を感じる一種の緊張状態です。ストレスと聞けばほとんどの人が「悪いもの」だと感じるかもしれません。しかし、一概にすべてのストレスが悪いというわけではありません。

「前の車が急にブレーキを踏むかもしれない」や「見えている歩行者が道を突然横断するかもしれない」と考えるとき、体や心は緊張状態になります。これも一種のストレスで、日常生活では必要不可欠なものです。車を運転するときには、少なからず緊張状態になってストレスがなければ安全運転ができなくなります。こうしたストレスは、事故防止に不可欠です。
他にも、写真を撮るときに「はい、チーズ!」と笑顔でポーズを取ることもストレスによる一種の緊張状態です。笑顔を作る、ポーズを取ることは、顔や体の筋肉へ緊張を与えます。最高の写真を撮ることを意識しているからこそ、顔や体の筋肉が緊張してよい写真を撮ることができます。

ストレスは緊張状態を引き起こす要因であり、緊張状態は日常生活に必要不可欠なものです。それゆえ、人の生活においては必ずしもすべてのストレスが悪いというわけではありません。

仕事に関しても、よいストレスがあります。ストレスに関して詳しいマリルダ・リップ博士は、働く人間は、適度なストレスにさらされると仕事をよくこなす。」と述べています。この言葉から分かるように、仕事の際には適度な緊張状態を維持することが必要といえます。
なお、マリルダ・リップ博士によると、最高値までストレスを感じたとき、「知らないうちに自分の限界を超えてしまうと最大限に仕事の生産性が上がる。人間は、極度の緊張状態にしばらく置かれると、素晴らしい働きができるようになる。」と考えられています。ストレスが最高値に達すると仕事で最大限の力を発揮できるのだということです。しかし、ストレスを最高値に感じた状態で働き続けた場合、体に大きな負荷がかかります。そのため、「まだ大丈夫」だと思い込んで休まずに働き続けるとストレスが限界値に達し、倒れてしまうこともあります。過度なストレスを感じたまま倒れた場合、糖尿病が悪化したり、他の病気につながったりすることも考えられるので注意が必要です。

一般的に、ストレスの兆候といえば食欲減退や口内炎、肌荒れ、胃痛、偏頭痛などがあげられます。これらの症状が現れると、ストレスがたまっていると判断することができます。

ストレスと上手く付き合うには?

体にとって、適度なストレスを感じることは大切です。しかし、過度なストレスを感じやすい時代なのでストレスと上手く付き合えない人が増えています。そのため、人によってはストレスが最高値なのに仕事が順調だからといって「まだ大丈夫」と考えて働き続けてしまうこともあるかもしれません。この状態は、体からの危険信号なので「まだ大丈夫」と思わずに、適度に体を休めながら仕事を続けることが大切です。
また、ストレスを和らげる工夫を行うことも大切です。ストレスを和らげて上手く付き合えるようにすれば、ストレスの限界を超えてしまうことなく健康的な生活を過ごすことができます。また、糖尿病などの病気を予防したり悪化したりすることも防げます。
程よいストレスを感じられる生活を維持して、健康的な体を保つことを意識して過ごせるようにしましょう。

 

ストレスを和らげる3つの「C」とは?

---------------------------------------------------------------------------------

あなたはご存知でしょうか?
糖尿病の本当の原因を

食べ過ぎ?
飲みすぎ?
運動不足?

いえいえ、本当の原因は
違うところにあるのです

 

 

▲ページのトップに戻る



あなたはどこまで「糖尿病」を知っていますか? まだまだ知って下さい「糖尿病」について。
「糖尿病」の本当の恐ろしさは合併症です。 放っておくと恐ろしい事態を招く「ドロドロ血液」。

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。