基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

基礎編1 糖尿病についての基礎
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ >糖尿病にタバコが厳禁なのはなぜ?−その

糖尿病にタバコが厳禁なのはなぜ?−その

前回、タバコと糖尿病の関係は「悪の仲間」そのものとお話しました。
糖尿病のためにもともと血液がドロドロになりがちなところへ、タバコの害によってさらにそれが促進されるというお話でしたね。

糖尿病の各種合併症から身を守るためにも、この「悪の仲間」とは絶対に手を切らなくてはいけません。

……っと、その前に、タバコがなぜ糖尿病の人にとって悪影響を及ぼすのか、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

タバコはなぜいけない? その2

タバコは「百害あって一利なし」と言いますが、タバコが糖尿病患者にとっても、最悪な存在である理由をもう一つお話しましょう。

キーワードは、「ビタミンC」です。

タバコを吸うたびに、体内のビタミンCが破壊されるのを知っている方も多いでしょう。では、タバコ一本あたり、どれくらいのビタミンCが失われていると思いますか?

それは、なんとおよそ50mg!これは、一日に必要なビタミンCの約半分になります。2本以上吸えば、一日必要量のビタミンCがあっという間に失われてしまうのです。

糖尿病と闘う人たちにとって、「ビタミンC」は欠かせない物質。意外と知られていませんが、ビタミンCには、「糖の代謝」を強力に推し進めてくれる働きがあるのです。

糖尿病になると「糖質」は敵と思われがちですが、本来「糖質」は、エネルギーを生み出すためになくてはならない存在。しかし、糖尿病になると、血液中に取り込まれた糖をインスリンを使ってうまくエネルギーに代えられないために、いつまで血液中に糖がだぶついている状態になってしまうのです。

その結果血液がドロドロになり様々な悪影響を及ぼすのでしたね。

この状態を打破してくれる強い味方が、ビタミンC!

ビタミンCは、血液中の糖の代謝を促進して血糖値を下げ、エネルギー化させるのに一役買ってくれているのです。

ビタミンCの効果はそれだけではありません。ビタミンCには、骨や筋肉、血管などの体の組織を作る働きがあります。膝を擦りむいた場合、傷ついた表皮や粘膜、組織、血管をすみやかに修復するために、「コラーゲン」という物質が必要になりますが、コラーゲンを生成するために必要なのが、ビタミンCなのです。

これは何も体表面だけのことではなく、体の中でも同じ。糖尿病になると毛細血管や神経がもろく、傷みやすくなりますが、これらを修復するのがコラーゲンとビタミンCの仕事なんです。

もうおわかりですね?

血液中の血糖を消費させ血糖値を下げるだけでなく、傷ついた毛細血管や神経組織を修復し、合併症を水際で食い止めてくれるビタミンCは、糖尿病で悩むわれわれにとって、なくてはならない存在。

でも、それもタバコを一本吸ったら半分が失われ、二本吸えば一日分がすべて失われてしまいます。タバコを吸うということは、ビタミンCがせっかく、糖尿病の進行を体を張って止めようとしてくれているのに、その機会をまるごと取り上げるようなものなのです。

なんとも、もったいない、恐ろしい話なのです。


おススメ禁煙方法!

長々とお話してきましたが、きっと「タバコはやはり糖尿病の敵なんだ」ということが、これまで以上にわかってもらえたと思います。

だけれど、「そうは言ってもやめられない」という人や、「私は吸わないんだけど、主人が……」という人もいるかもしれませんね。

そんな人のために、タバコと縁を断ち切る方法をまとめてみました。

■その1 いつでも身軽に!

タバコを吸わなくなると、あまりの身軽さに驚く人が多いそうです。タバコやライター、携帯灰皿、タスポなどの携帯品はもちろん、喉のいがらっぽさや痰などから開放され、物心両面から「とっても体が軽くなる」そうです。

といっても、ある一つのものだけはおもーくなりますけど。禁煙をはじめた日からどんどん重くなるものがあります。

えっ!それは、何って?!それは最後にお話ししましょう。

さて、簡単にできる禁煙方法の一つに、「タバコ関連用品を持ち歩かない」というものがあります。これまで肌身離さず持ち歩いていた、タバコはもちろんライターなどの一式を持ち歩くのをやめるのです。

そうすれば、ちょっとした空き時間や手持ちぶたさ、というときの「とりあえず一服」から逃れることができます。

この方法は、タバコを捨ててしまうわけでなく、持ち歩かなくするだけなので、「禁煙するぞ」という強い意志は必要ありません。

だから、比較的はじめやすいと言われています。散歩や通勤の際、「ちょっと今日は、タバコをおいて出かけようかな」と思えたらしめたものです。

■その2 禁煙外来もアリ

禁煙は、「意思や努力でなんとかするもの」ではなくなりました。そのために作られたのが、「禁煙外来」。怖いけど、興味があるという方も多いのでは?

また費用も気になるところですよね。

一般的に、禁煙外来では、12週間の間に5回の診察を受け、医師のアドバイスや禁煙補助薬の処方を受けながら禁煙をめざしていくことになります。

この際に処方されることが多いのが、「チャンピックス」という禁煙補助薬。これはニコチンを含まない薬で、ニコチンからの離脱症状を軽くしたり、喫煙してしまったときにタバコが「不味い」と感じやすくしたりする薬です。

こちらの良いところは、条件によっては健康保険適用可能な点。
気になる費用は、健康保険が適用されれば、自己負担分3割で約12,000〜19,000円。

高いか安いかは人それぞれですが、「費用を払ったんだから後には引けない」という思いで禁煙に成功できる人も多いようですよ。

それに、禁煙に成功すれば、タバコ関連の費用がかからなくなるため、どんどんお金がたまります。そう!気分は晴れ晴れする一方で、財布はおもーくなるのです。

となれば、禁煙外来での費用も十分回収できる額に違いありません。また、薬の処方を受けるかどうかはともかく、まずは診察のみで受診してみるのもいいかもしれませんね。


今回のまとめ

「どうせいまさら禁煙したって遅い」と考えている方もいるかもしれません。
しかし、国立がん研究センターの発表によると、長年喫煙していた人が禁煙した場合、その後糖尿病の発症率はタバコを吸わない人に比べて高いままですが、5年を過ぎると吸わない人と同じ発症率になるそうです。

今からじゃ遅いということはありません。むしろ、早ければ早いほど良いのです!

大丈夫、今から禁煙すれば間に合います(断言)!

・タバコを吸うたびに、血糖値を下げ血管修復効果のあるビタミンCが失われる

・タバコやライターなど、簡単に吸えるものを持ち歩かない

・禁煙外来は、保険適用の場合12000円から

・5年禁煙できれば、糖尿病のリスクは吸わない人と同じレベルまで低下する

○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇

編集後記

○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇

今回のテーマの「禁煙」

吸う人はもちろん、吸わない人にとっても身近なテーマですね。

しかし、「禁煙したくてもできない」と悩んでいるのは、一般人だけではありません。有名人も同じ。

芸能界のご意見番として知られる女傑、和田アキ子さんも喫煙習慣に悩まされた一人だったそうです。

年齢や健康状態から見ても、禁煙が必要と言われながら、長年の喫煙習慣を断ち切れない和田さんが、禁煙を決心したきっかけはある一通のメール。

それは、かの天才野球選手、イチローからのものでした。文面を紹介しましょう。

「長年付き合ってきた友と別れるときは大変なエネルギーを消耗します。しかし、アッコさんという友を奪われかねない方たちの思いを知ってください」

和田さんはこのメールを見て、自分の健康を気遣ってくれる他人のためにと一念発起して見事禁煙に成功したそうです。

きっかけは人それぞれ。

けれども、自分の体は自分だけのものではありません。家族、友人、仕事の仲間……。
身近な人たちは、何よりもあなたの健康を願っています。

世の中には変えられないものがありますが、禁煙は自分の意志変えることができます。

さあ一緒に、禁煙への第一歩を踏み出していきませんか。


 


↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

糖尿病の本当の原因とは?

 

▲ページのトップに戻る

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。