基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

基礎編1 糖尿病についての基礎
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ >糖尿病にタバコが厳禁なのはなぜ?−その

糖尿病にタバコが厳禁なのはなぜ?−その

いまでこそ、レストランに行けば「禁煙」が当たり前ですが、これはほんの最近のこと。20数年前までは、町中やレストランはもちろん、タクシーや飛行機(!)内など、いたるところで喫煙が可能でしたよね。

当時はタバコによる害があまり知られていなかったため、軽い気持ちで吸い始めてしまい、今でもやめられない……という人もいようです。

「あの頃はみんな吸っていたから仕方ない。そんなに体に悪いって知ってたら吸ってなかったよ!」という気持ちもわかります。

しかし、糖尿病を持つ人にとって、タバコは最悪な友人。どんなに努力しても、悪い方へ悪い方へと引きずられてしまうのです。

「私は吸わないから大丈夫」という人も安心できません。副流煙、すなわち他人のタバコの煙の方が、実際に自分が吸うよりも体に悪いという情報もあるくらいです。

タバコを吸う人も吸わない人も、知らずには済まされない「糖尿病とタバコの関係」。

今一度じっくり考えてみましょう。

タバコと糖尿病の関係

タバコと糖尿病の関係についてお話する前に、一般的なタバコの害についておさらいしておきましょう。

タバコを長年吸っていると、ほぼすべての種類のがんをはじめ、肺や気管支などの呼吸器の病気、高血圧などの血管の病気とそれに伴う脳卒中や心筋梗塞などの発症・再発リスクが高くなることがわかっています。

肺がんのうち70%は、タバコが原因と言われているほどです。言わずもがな、タバコは、「あらゆる病気のデパート」なのですね。

そんな危険物質を毎日取り入れるなんて、考えてみると怖いですよね。

では、糖尿病とタバコの間にはどんな関係があるのでしょうか?

長い間タバコを吸っていると、吸わない人に比べて、糖尿病が発症する可能性が高くなるということがわかっています。ある調査によると、20本の喫煙を毎日欠かさず25年間続けた場合、糖尿病になるリスクは、タバコを吸わない人の1.6倍まで高まると報告されています。

またすでに糖尿病がある人がタバコを吸い続けると、心筋梗塞や脳卒中などの心臓の血管の病気を合併しやすくなるといわれています。

糖尿病でタバコを吸っている方が心筋梗塞によって死亡するリスクは、糖尿病でタバコを吸わない方の約2.6倍にまで高まるのです!

タバコを吸い続けていると、糖尿病にかかりやすくなり、またすでに糖尿病になっている場合は、吸わない人に比べて死亡率が上昇してしまうのですね。

うーん、思った以上に糖尿病を持つ人にとってタバコの害は高いものなのですね。


タバコはなぜいけない? その1

タバコには害があり、また糖尿病にも悪影響を及ぼすことがわかりました。でも、それはなぜなのでしょうか?

原因の一つに、タバコに含まれる「一酸化炭素」があげられます。

ご存知のように、火が燃えるためには酸素が必要になりますが、火が不完全に燃える際に、炭素が酸素と結びついて一酸化炭素という物質が生じます。

困ったことに、この一酸化炭素は血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンという物質と結びつきやすいのです。

ヘモグロビンというのは、血液の赤い色の元となっている物質で、中心が凹んだあめ玉のような形をしており、普段は酸素と結びついて全身に酸素を運搬する車のような役目を果たしています。

ヘモグロビンを車に例えると、その運転手は酸素であるため、酸素はヘモグロビンを見つけると、すみやかに結合するのですが、困ったことに一酸化炭素は酸素よりも200倍も早く、ヘモグロビンと結びついてしまうのです!

そうなると、体内のヘモグロビンの多くは一酸化炭素に乗っ取られてしまい、本来の運転手である酸素は車であるヘモグロビンを見つけられず、体内は酸欠状態になってしまいます。

体は自ら酸素を作り出すことができません。その代わりに、酸素を運搬するための道具である、ヘモグロビンをどんどん産出して、少しでも体内に残っている酸素と結びつけようとするのです。

しかし今度は、このヘモグロビンが量産されてしまうために、血液の中でヘモグロビンの大渋滞が起こってしまうのです。乗り手のいない車が大量生産されたらどうなるでしょうか?

普段ならば10分で行けるはずの道も、お正月などで台数が異常に増えると一時間も二時間もかかってしまいますよね。それと同じ状態が血液中で起こってしまうのです。

一酸化炭素を載せたヘモグロビンや乗り手のいないヘモグロビンが運転手である酸素を求めて、押し合いへし合いしながらぎゅうぎゅうと血液の中で渋滞しあっているのが、喫煙中の血管の状態なのです。

恐ろしいことですね...

さて、ここで考えて欲しいことがあります。糖尿病というのはもともと血液中に糖がたくさんある状態とお話しました。
あたかも、水道水にたっぷりの砂糖を溶かしこんだように、ベタベタドロドロしている状態なわけです。

そんな状態のところに、タバコの害によってさらにヘモグロビンの大渋滞が起こってしまったらどうでしょう。
言うまでもないですよね。

大渋滞どころか、一歩も進まない状態になってしまいます。それによって一番障害を受けやすいところはどこだと思いますか?

一つが、心臓を出発点として、そこからもっとも遠い道(血管)です。そしてもう一つが、細い道(血管)です。
遠い道というのは、手先や足先などの末梢の血管を指します。
また、細い道というのは毛細血管を指します。

糖尿病患者が喫煙をすると、まっさきにこの2つの血管がやられてしまうのです。結果としてこれらの血管にまとわりつくようにして派生している神経の障害がおし進められてしまうことがお分かりいただけたでしょうか。



今回のまとめ

タバコが糖尿病の悪化を助けてしまう理由がイメージできたでしょうか?

実はタバコの害はこれだけではないのです。次は、タバコの恐ろしい問題点をさらに追求していきます。

喫煙者の方は読むだけで、思わずタバコをやめてしまいたくなるような 「読む禁煙剤」になること間違いなしですよ!

・タバコは、百害あって一利なし

・タバコに含まれる一酸化炭素が、より一層血液をドロドロにする

・糖尿病を持つ喫煙者の方は、糖尿病で非喫煙者の人より2.6倍も心筋梗塞のリスクが上がる



 


↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

糖尿病の本当の原因とは?

 

▲ページのトップに戻る



あなたはどこまで「糖尿病」を知っていますか? まだまだ知って下さい「糖尿病」について。
「糖尿病」の本当の恐ろしさは合併症です。 放っておくと恐ろしい事態を招く「ドロドロ血液」。

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。