基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

基礎編1 糖尿病についての基礎
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ >糖尿病と性格って関係あるの? その2

糖尿病と性格って関係あるの? その2

病は気から−性格にも関係している?

先回に引き続き、糖尿病と性格の関係について取り上げてまいります。

その前に、先回の復習を少ししてみましょう。

昔から、「病は気から」といいますが、糖尿病と性格・気質の間にも、深い関係があるようです。

そこで覚えていただきたい事柄として

◎ストレスに弱い性格の人は糖尿病を悪化させやすい
◎性格や気質と病気は関係していると感じている医療関係者は多い
◎治療が上手くいきやすい性格、いきにくい性格がある
◎おおらか過ぎる性格の人は、糖尿病になるリスクが高い
◎自分の性格・気質の弱点を理解し、糖尿病のコントロールに活かすことが大事

とご紹介しました。

今回は、「糖尿病と性格って関係あるの?その2」として、「おおらか過ぎるタイプ」に加え、もう1つの要注意なタイプと、糖尿病になりやすい性格のセルフチェックをご紹介します。

性格のことをあれこれ言われると気分のよいものではありませんね。どんな個性にも長所があると
思います。参考程度に読んでくださいね。


こんなタイプは要注意!? その2

もうひとつの「要注意なタイプ」は、その1の「おおらか過ぎるタイプ」とは真逆の
「厳格過ぎる、完璧主義的なタイプ」です。

意外…ですか?

でも考えてみてください。

「完璧主義である」ということは、「ストレスを溜めこみやすいタイプ」とイコールでもあるのです。

ストレスと糖尿病の関係は、先回も述べましたよね。

ストレスはインスリン抵抗性を高め、血糖コントロールを乱したり、過食を引き起こして糖尿病発症のリスクを高めたりする、要注意な存在なのです。

この9月には、ストレスと糖尿病の関係を証明する、ショッキングな調査結果も公表されました。

カナダ・トロントの「仕事と健康研究所(Institute for Work and Health)」と「臨床評価科学研究所(Institute for Clinical Evaluative Sciences)」が9年間調査したところ、仕事上で裁量の狭い女性は、仕事に満足している女性に比べて、糖尿病のリスクが2倍であることが明らかになったというのです。

ストレス、要注意です。

もちろん、男性にとっても、完璧主義から来るストレスは、糖尿病にデメリットをもたらします。

ある医師は、そのストレスを「正しい糖尿病治療という神話」と表現し、次のようなコラムを書いています。

「…誰も糖尿病治療を完璧に行うことはできない

糖尿病にはいくつもの“神話”のような話があります。

“神話”とは、現実にはありえない「糖尿病患者があるべき姿」の極端なイメージや頭からなかなか離れない「思い込み」のことです。

私たち医師も、患者さんも、糖尿病を持たない方も、こうした「糖尿病患者であれば○○であるべき」という極端な考えを、どこかで無意識に持っており、多くの方々は従わなくてはならないと感じているものです。

・糖尿病患者は常に医師や看護師の指示に従うべきである。

・糖尿病患者は口答えや言い訳をせず、常に医師と協力しなければならない。

・糖尿病患者は間食、飲酒、喫煙なんかは絶対にしてはならない。

・糖尿病患者は1回30分1日2回、必ず毎日歩かなければならない。

・糖尿病患者の食事は野菜中心で、油物や炭水化物は決して取りすぎてはならない。

・「正しい食事」と「定期的な有酸素運動」を行えてさえいれば、絶対に血糖値は上がらない。

(中略)

まさに、人間が空を飛ぶような…そう、神話のような話です。誰もが、こうした神話にでてくるような(笑)糖尿病の管理を普通の人は続けられないし、私自身もそんな患者さんにお会いした事がありません。もちろん、私もできません…。

(中略)

それを患者さんに求めたがる周囲の人たちがいます。そういう方々は医師の中にも、患者さんの中にもいます。この傾向が強くなると、「完璧主義」と呼ばれる過剰なストレスを生んだり、糖尿病の管理を妨げる障壁となる問題に発展していきます」

いかがですか?「おおらか過ぎるタイプ」だけでなく、「完璧主義タイプも要注意」の理由がお分かりいただけたでしょうか?

糖尿は長期戦、闘いは長く続きます。

病気のプレッシャーに潰されず、息切れしないで続けるには、リラックスすること、長い目で物事を見ること、など柔軟な態度で糖尿と向き合っていくことが大切ですね。


さて、あなたのタイプは?

あなたは糖尿になりやすいタイプ?そうじゃない?

セルフチェックしてみましょう。

以下のうち、いくつにイエスがありますか?

◎ストレスをためやすい
◎「ま、いいか」「なんとかなるよ」が口癖
◎自分は完璧主義者だ
◎自分に甘く、人には厳しい方だ
◎社交性には自信がある
◎リーダーシップは旺盛だ
◎イライラしやすい
◎健康管理より、人生を楽しむ方が大事
◎細かいことは気にしない
◎計画通りに行動できないと落ち込む

※イエスが多い人ほど、糖尿病のリスクは高まります。

リーダーシップ旺盛というのは意外に思われるかもしれませんが、旺盛過ぎると、「人のアドバイスを受け入れにくい」という側面がデメリットに働くようです。

「なかなか指導を守れない患者さんもいるようです」と話す医療関係者もいます。

厳しい意見ですね・・・

いかがですか、心当たりはありませんか?


今回のまとめ

糖尿病と性格・気質には大きな関係があるようです。

今回は以下のことを覚えておきましょう。

◎自分に厳し過ぎる、完璧主義者タイプも要注意。完璧にこだわるあまり、ストレスを溜めこんでしまうからです。

◎ストレスは、糖尿病の大きな悪化因子になる。発症リスクを高める上に、コントロールも難しくします。

◎リーダーシップがあるのはいいことだが、周囲のアドバイスに耳を傾ける配慮がないと、糖尿病のリスクを高める

◎自分の性格・気質を理解した上で、病気と向き合うことが大事

以上の5点を覚えておきましょう!



【ギモンに思われたことはありませんか?】

実は、食事制限や運動などを頑張っていても、なかなか数値が下がらないと悩んでおられる方は
多いのです。

どうして、なかなか改善しないのでしょうか。

実は、それには深〜い訳があるのです。

その訳とは何でしょうか?

それは実は、糖尿病の本当の原因は、単に食事の摂り過ぎや、運動不足だけではないからです。

えっ!?
じゃあ、何が原因なの?

そのことは、よろしければ次のお話から調べてみてください。


↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

糖尿病の本当の原因とは?

 

▲ページのトップに戻る



あなたはどこまで「糖尿病」を知っていますか? まだまだ知って下さい「糖尿病」について。
「糖尿病」の本当の恐ろしさは合併症です。 放っておくと恐ろしい事態を招く「ドロドロ血液」。

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。