基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

基礎編1 糖尿病についての基礎
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ >糖尿病─ 合併症を防ぐために…「禁煙と水分補給」

糖尿病─危険な合併症を防ぎましょう!

糖尿病による高血糖が続くと、血液の中のブドウ糖に似た物質がコレステロールと結びついて動脈硬化を促進させてしまいます。結果として、糖尿病を患っている人は、そうでない人と比べて脳梗塞・心筋梗塞を招きやすくなってしまうのでした。

今回は、このキケンな関係を断ち切り血管を健康なまま保つ方法についてお話していきましょう。

危険な合併症を防ごう! −タバコは厳禁!

「確かに私は糖尿病だけど、脳梗塞や心筋梗塞と言われてもピンと来ない」、という人もいらっしゃるかもしれませんね。

ですので、まずは糖尿病でありながら脳梗塞・心筋梗塞を発症してしまわれた方の貴重な体験談をご紹介しましょう。

Yさん(54歳・男性)

「食事のためにテーブルにつき、乾杯のために杯を挙げた時です。なんだか、体が傾いているように感じたんです。『あれ、おかしいな』と思ったときには、目の前にテーブルの足がありました。体はあっという間に床に倒れていました。食器の割れる音がして、皆の叫び声が聞こえた瞬間、意識を失いました」

糖尿病歴12年のYさんは、インスリン注射こそ必要でしたが、持ち前の明るさを発揮して、闘病生活をそれなりに楽しく乗り切っていたそうです。

以前にもインスリン注射のタイミングが早すぎたために低血糖発作を起こしたことがあったので、今回の失神も低血糖による発作だと思ったそうです。

「目を覚ましたのが病院のベッドの上。布団がはだけていて、肩の辺りがやたら寒かったんで布団を引っ張ろうと思ったら、右手がまるで動かない。しびれたように重くまるで石のようでした。医師から説明を受けて、はじめて自分が脳梗塞の発作を起こし、後遺症で右半身不随となったたことを知りました。『とんでもないことになった』と思いました。何しろ、右手のみならず右半身がまるで動かないんだから」

思いもかけない脳梗塞発作を起こしたYさんはしみじみと語ります。

「医者には、糖尿病のせいで脳梗塞を起こしやすい状態だったと言われたけど、まさか自分がこんなことになるとは……。半身が動かせないというのは言いようもないほど不便で、ときどきやりきれない思いに襲われます。夜中にうす暗い病室の中で、動かない右腕に向かって『頼む、動け、動いてくれ』と涙ながらに叫んだことさえあります。脳梗塞発作は一度起こしたら命取り。二度と元の状態には戻れないんです」

Yさんはがっくりと肩を落とします。きちんとインスリン注射を行い、血糖値のコントロールに気をつけていただけに、ショックは大きかったそうです。

「血糖値ばかりに意識がいっていたのがいけなかった」

と語るYさん。

一体どんなことに気をつけたらよかったのでしょう。

実は、Yさんは喫煙者でした。血糖値にばかり気を使っていたYさんは喫煙のリスクを忘れていたのです。喫煙は、脳梗塞の5大リスクのうちの1つ。タバコに含まれる一酸化炭素が血管を収縮させ、血流を低下させてしまうため、ただでさえ高血糖状態によって流れの悪い血管がさらに詰まりやすくなってしまうのです。

「そんなこと言ったって、もう長年タバコを吸っているからいまさら止めてもしょうがない」という人もいるそうですが、それは間違い。

たとえ長らくタバコを吸っていても、2年間禁煙すれば少しずつ元の状態に戻ると言われています。5年禁煙すればもともとタバコを吸ってない人と同じリスクまで戻るんですよ。
そう、禁煙と人生に手遅れという言葉はありません。

思い立った日から始める。今からでも遅くありませんよ!

危険な合併症を防ごう! −水分はこまめに補給!

そして、もう一つ大切でありながら多くの人が忘れていることがあります。それが、「脱水」。高血糖状態にあると、細胞の浸透圧のバランスが崩れ、尿の回数が増えやすい状態にあるため、体は常に脱水気味。

そこへもって、運動などで発汗すると体内の水分は一気に失われます。すると、血液は濃縮されドロドロとした状態に。一層つまりやすくなり、脳梗塞のリスクをキケンなほどに押し上げてしまうのです。

炎天下でのゴルフやサウナに入った後は特に注意。水分補給が命綱だということを忘れてはいけません。水分補給のコツは、「こまめに、少しずつ」が基本。

一度にコップ一杯か半分程度を1〜2時間ごとに取るようにしましょう。面倒だからと一気に沢山飲んでも、そのまま排泄されてしまうのがオチ。こまめに飲むようにしましょう。

ちなみに、忘れがちなのがアルコール。アルコールは飲料ではありますが、体内の水分を奪う働きがあります。アルコールを嗜む時は、飲んだ量の倍の水分を取るよう心がけてくださいね。

「私は煙草も吸わないし、酒も飲まないから大丈夫」という方。

実は、もう一つ大切なことがあるんです。それが「血圧」。

血圧とは、血管に対する血液の圧力。すなわち血圧は、高ければ高いほど血管の壁に圧力をかけ傷つけてしまうんです。糖尿病でない人の場合、血圧を10下げることができれば、脳梗塞の発病のリスクも3割減少すると言われています。

これが糖尿病の人の場合ですと、なんと4割以上も減少させることができるんです!言い換えれば、血圧が10上がるだけで、脳梗塞のリスクもまたぐっと上がるわけですね。

ですので、脳梗塞を予防するにはとにかく血圧を下げておくことがすべての鍵。

効率的に血圧を下げるには、食生活の改善が有効です。塩分を控え、代わりにアボガド、納豆、バナナなどカリウムを含む食品を取るよう心掛けましょう。

もちろん適度な運動と血糖のコントロールが必要なことは言うまでもありませんよ。

今回のまとめ

糖尿病のある方が脳梗塞を防ぐコツとして、今回提案した

「禁煙・水分摂取・血圧管理」

はどれも目新しい方法ではありません。

人によっては、「そんなこととっくに知っているよ!」と言う方もあるかもしれませんね。だけど、そのあたりまえのことをどれだけしっかりと行えているでしょうか。

とくに水分摂取や食事は毎日のことですからついつい自己流になりがち。特に50代を過ぎると男性は前立腺肥大、女性は尿漏れなどにより、尿のトラブルが起きがちですから、それらが煩わしいがために、なるべく水分を取らず尿回数を少なくするという方もおられるかもしれません。

しかし、そういった自己流の発想が一番危険!

まずは、基本のキともいえる「禁煙・水分摂取・血圧管理」の徹底を心がけましょう。

結局はそれが、脳梗塞・心筋梗塞予防の一番の近道になるのですから。

・血圧を10下げるだけで脳梗塞のリスクが4割以上低減する
・水分摂取はこまめに行わないと有効ではない
・5年禁煙を続けられれば非喫煙者と同じ状態になれる
・食塩を控え、カリウムを多くとって高血圧を予防しよう
・脳梗塞・心筋梗塞を発症すると、重症化しやすく最悪の場合死に至る
・発症の原因の多くは、動脈硬化にある
・糖尿病を患っていると、脳梗塞・心筋梗塞のリスクが2倍になる
・糖尿病があると、動脈硬化も一層進行する



↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

糖尿病の本当の原因とは?

 

▲ページのトップに戻る



あなたはどこまで「糖尿病」を知っていますか? まだまだ知って下さい「糖尿病」について。
「糖尿病」の本当の恐ろしさは合併症です。 放っておくと恐ろしい事態を招く「ドロドロ血液」。

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。