基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

基礎編1 糖尿病についての基礎
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ >糖尿病と血管のふか〜い関係その1

糖尿病と血管のふか〜い関係その1

糖尿病は血管病!?

「人は血管とともに老いる」と提言したのは、近代医学の礎を築いたウィリアム・オスラー博士でした。それから1世紀半。ようやく最近、血管の健康について語られるようになりました。

ところで我らを悩ます糖尿も、別名「血管病」と呼ばれているのをご存知ですか?

そう、実は、糖尿病と血管は切っても切れない深い間柄なのです。となれば俄然、知らずにはいられませんよね。知っているようで知らない、糖尿病と血管のふかーい関係。

今回もしっかり掘り下げていきますので、どうぞ最後までお付き合いください。

■血管の構造

全身に張り巡らされた血管の長さ。どれくらいだと思いますか?

仮に全身の血管をすべてつなげて一本にしたとすると、約9万kmという途方もない長さになります。心臓から送られた血液が足の指に届くまでに、ゆうに地球二周分の旅をしなくてはいけないの
です。

では、血液が地球二周分の距離を進むのにかかる時間はどれくらいだと思いますか?

答えは、なんと1分!

血液はどんなロケットよりも早いのです。超スピードの血流は、いわば荒れ狂う濁流のようなもの。例えば誤って頸動脈をナイフで刺してしまった場合、天井に届くほどのの血潮が首から噴き出
すと言われています。血管の中には途方もない圧力が封じ込められているのがお分かりいただけると思います。

そのため血管のカベは、ちょっとやそっとのことでは破れないように出来ています。「内膜」「中膜」「外膜」の膜を3層重ねて柔軟性と弾力を持たせ、血液の圧力を上手に包み込んでいるのです。

よく、若さとは柔軟性があることだといいますが、血管も全く同じこと。血管年齢が若いほど、血管の壁はイキイキとした弾力と柔軟性に富んでいるんだそうです。

■糖尿病は血管病

では、糖尿病と血管にはどんな関係があるのでしょうか。

糖尿になると過剰な糖分が、血液や尿に溶け出しますよね。よく、「糖尿病患者の尿は甘い」と言いますが、これは比喩でも冗談でもなく本当に甘いそうです。

血液にも糖が増えると、水に砂糖を混ぜた砂糖水のようにドロドロベタベタとしてきます。当然、砂糖水状態の血液は流れにくくなり、血管の壁にもべっとり張り付きます。

すると血管壁のコラーゲンと結びつき、AGEという物質に変化してしまいます。AGEとは日本語で、終末糖化産物といいます。難しい言い回しですが要は、「糖の最終的な姿」と考えてもらえればOKです。

AGEに変化すると、今度は砂糖水を固まらせたかのようにガリガリに固くなって取れなくなってしまいます。水あめみたいなものですね。

つまり・・・

糖尿になる

血液中に糖が増える

AGEが生まれる

血管の弾力が失われる

どんどん血管が損傷していく

という構図です。

糖尿病が別名血管病といわれる理由が分かっていただけるでしょうか。


こうやって血管は弱っていく!

もちろん糖尿でない人も、いろんな理由で血管が弱っていきます。「反応障害仮説」というのですが、これは簡単に言うと、「血管は傷つけられるたび弱っていく」という説です。

「そんなの、当たり前だろー」という声が聞こえてきそうですが、いえいえ当たり前ではないんです。たとえば、筋肉。トレーニングなどで負荷を加えるたび、強く太く育っていきますよね。あれは筋繊維を傷つけることで成長していっているんです。

しかし、血管に限ってはそうではないのです。ダメージを受ければ受けるほど健康が失われていく。そう、加点法ではなく減点法なんですね。だから血管を守るには、最初持っていた10点をなるべくなくさないようにするしかないんです。

血管は傷つければ傷つけるだけ弱っていくんです。

では、どんなダメージがあるのか見ていきましょう。

1.加齢

悲しいかな、加齢はわれわれの体から弾力性や柔軟性を奪っていきます。コラーゲンやエラスチンが失われて肌に張りがなくなるように、血管のカベもまた徐々に弾力を失い固くなります。

はやい方で20代から血管は老化し始めるそうですよ。「お肌の曲がり角」ならぬ、「血管の曲がり角」なのです。

ちなみに、糖尿の人の血管年齢は通常の年齢プラス10-20歳と言われています。加齢に糖尿という要因が加わると、一気に血管が弱っていくのです。

2.高血圧

血圧とは、血液の圧力のことです。そのため高血圧になると、血管のカベに常に負担がかかっている状態になります。高血圧が続けば続くほど、カベはもろくなってしまうのです。

ちなみに糖尿病の人は40〜60パーセントが高血圧持ちと言われており、これは糖尿病でない人の2倍です。なぜ糖尿が高血圧を招くのかというと、血糖値が高いと体内の細胞の浸透圧が高くなるからです。そのため細胞や腎臓からの水分が血液中に流れ込み、血液量が増して血圧が上昇してしまうのです。

3.高脂血症(コレステロール)

高脂血症は単独ではあまり害はありません。しかしひとたび糖尿病や高血圧等と併発すると大変。糖尿によるインスリンが不足が中性脂肪の増加を招くので、血管が硬くなり動脈硬化が一気に進んでしまうのです。

4.内臓脂肪

これまでは肥満が、糖尿や動脈硬化を高めると考えられてきましたが、肥満の中でも特に内臓脂肪がリスクファクターであることが分かってきました。

内臓に脂肪がつくと、糖尿病や動脈硬化を誘発する物質が分泌されてしまいます。太っているからではなく、内臓脂肪が付いているから血管が痛んでしまうのです。ちなみに内臓脂肪とは、いわゆる太鼓腹のこと。腹がでているにもかかわらず、つまんでも脂肪がつまめないという人は、内臓脂肪型肥満の可能性が高いですよ。


今回のまとめ

ひとたび糖尿病になると、ただでさえAGEによって血管が痛めつけられると言うのに、
さらに高血圧や高脂血症、内臓脂肪が集まってきて、よってたかって血管を傷つけようとするのが
お分かりいただけたかと思います。

この連鎖を断ち切ることが、3大合併症に打ち勝つ大切な秘訣です。

・健康な血管は、弾力性と柔軟性に富んでいる
・高血糖になるとAGEという成分がうまれ、血管を痛める
・加齢、高血圧、高脂血症、内臓脂肪は単独でも血管を弱らせるリスクファクターだが、
糖尿になると全て併発しやすくなる


【ギモンに思われたことはありませんか?】

実は、食事制限や運動などを頑張っていても、なかなか数値が下がらないと悩んでおられる方は
多いのです。

どうして、なかなか改善しないのでしょうか。

実は、それには深〜い理由があるのです。

その理由とは何でしょうか?

それは実は、糖尿病の本当の原因は、単に食事の摂り過ぎや、運動不足だけではないからです。

えっ!?
じゃあ、何が原因なの?

そのことは、よろしければ次のお話から調べてみてください。


↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

糖尿病の本当の原因とは?

 

▲ページのトップに戻る

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。