基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

ドロドロ血液の恐怖 恐ろしいドロドロ血液
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > 血液とタバコ

血液とタバコ

糖尿病とたばこの最悪の関係

よく言われのが、『タバコは百害あって一利なし』の言葉ですよね。タバコがお好きな方にとっては、耳の痛い話かもしれませんが、ただこの言葉を知っているだけでは、タバコはやめられないでしょうね。具体的にどんな害があるのか、それを知ると、あるいは教えてあげると幾らか止めようとの決意が強まるかもしれません。

ここでは、たくさんある害の内、特に糖尿病の方にとって非常に関係のある幾つかの害を考えてみましょう。糖尿の重大な合併症を引き起こす原因ともなっている、このタバコの害をしっかりと学んでみたいと思います。

まず、心筋梗塞などの虚血性心疾患による死亡率が、たばこを 吸わない人の何と2倍!!そして、その原因の3割〜4割が、喫煙によるもの!とされているという統計があります。

ご承知のように、心疾患の多くは心臓付近の血管に血栓という血の塊ができてしまい、それが血液を通せんぼして、心臓に血液が流れなくなることによって起きてしまいます。これは明らかに、たばこが血液の流れを悪くし、血栓を作り出す要因になってしまっているということですね。もしこれが、脳の中で起きると脳こうそくを引き起こします。

元々糖尿病というのは、血液の流れが悪くなる病気です。血糖値の高い(糖分の多い)血液は、かなりドロドロしていて、ただでさえ血管の中で流れにくい状態なんですね。

この状態を、「砂糖水の法則」と私は呼んでいるのですが、普通の水はコップを傾けると、勢いよく流れていきます。でも、砂糖がたっぷり入った砂糖水はどうでしょうか?流れ落ちるのに時間がかかりますよね。砂糖の量が多ければ多いほど、そうです。時々飲み終わったコーヒーのカップの底に溜まっているのがありますよね。ああいう感じです。血糖値が高いというのは、血液中の糖分が多いということですから、砂糖水のように当然流れが悪くなります。

ですので、元々流れにくい血液に、それにさらに追い討ちをかけるように、タバコによってさらにドロドロ度が増し、血液が一層流れにくくなってしまうのです。これは本当に危険なことなんです。

では、なぜタバコは血液の流れを悪くするのか、それを少し考えてみましょう。

タバコは血液の流れを悪くする

タバコを吸うということは、簡単に言うと煙を体内に取り入れていることと同じですね。一酸化炭素を、体内にわざわざ入れているのです。

一酸化炭素は、要するに火事の時の煙と同じです。火事の時には身を低くして、ハンカチを口に当てて、必死で煙を吸い込まないようにしますよね。それは、一酸化中毒にならないためです。火事の時に残念ながら亡くなってしまう方の多くは、この一酸化中毒とも言われています。

でも、たばこはその同じ一酸化炭素を吸う事になるんです!ある説では、1本のたばこには、致死量の20分の1の一酸化炭素が含まれていると言われています。

では、一酸化炭素を吸うことが、糖尿にとって特になぜ悪いのかということですが……

血液の中の成分に赤血球という物がありますね。さらに赤血球の中に、ヘモグロビンという物が存在しています。ヘモグロビンは通常、酸素とくっついています。そして、血液が体の中を巡るときに、ヘモグロビンとくっついている酸素も一緒に運んでくれている訳です。

そのお陰で、体中の細胞に酸素が行き巡り、健康な状態を保つことが可能になっているのです。

でも!

この一酸化炭素は、酸素の200倍以上の強い力で、ヘモグロビンと結合してしまうのです。つまり、一酸化炭素は、酸素がヘモグロビンと結合するのを邪魔してしまうのです。そして、酸素の代わりに、一酸化炭素が体中を巡ってしまう事になる訳です。

一酸化炭素が結合した赤血球が血管内を巡ることにより、体中の細胞は酸素が欲しいのに、一酸化炭素が運ばれてしまいますから、細胞は酸欠状態に陥ります。

そうすると体は異変を察知して、酸素と結合させるために、もっと多くの赤血球を作り出します。そうすると当然血液中の赤血球の量が増えますが、血液中の成分バランスが崩れ、いわゆるドロドロした血液になり、これが流れにくい血液となり、そして血栓(血の塊)ができやすい状態になってしまいます。

でも、タバコを吸い続けると、せっかく新たに作り出した赤血球も、酸素ではなくまた一酸化炭素と結合されてしまうので、また体は多く赤血球を作り出しさらにドロドロに……、と悪循環に陥ってしまいます。

それで、タバコは血液中の赤血球の量を増やし、それが心筋こうそくや脳こうそくなどの合併症の原因となる、と言えます。

さらに、タバコの害を語る際によく言われるのが、ニコチンです。ニコチンはどのように血液の流れを悪くして、合併症の原因となるのでしょうか。

ニコチンは、実は血小板をベタつかせるという作用があるのです。血小板とは、血液の成分の一部ですが、元々互いにくっつきやすいという性質があるんですね。元々くっつきやすいのに加えて、ニコチンにより、さらに粘着度が増し、結合力も増してしまいます。

小さな血小板が、1個くっつき、倍の大きさになり、もう1個くっついて3倍になりと、どんどんどんどん結合していくと、大きな血栓(血の塊)になり、それが血液の流れを止めて通せんぼしてしまいます。そして、心筋こうそくや脳こうそくなどの、重大な合併症につながっていくんですね。

をを〜、怖っ!

さらに、ニコチンは別の意味でも血液の流れを悪くし、糖尿病の重大な合併症を引き起こす原因を作り出します。簡単に説明しますと、次のようになります。

タバコを吸うと、肺にニコチンが取り込まれます。

ニコチンは交感神経を刺激し、筋肉を収縮させます。

血管の周りは、実は筋肉で出来ていますので、血管の筋肉が、ニコチンによって収縮してしまいます。

血管の周りの筋肉が収縮すると、血管が細くなってしまいます。

血管が細くなると、当然血液が流れにくくなりますし、小さな血栓(血の塊)でも血管の中で引っ掛かりやすくなり、血液を通せんぼしてしまいます。

それが、心筋こうそくや脳こうそくを引き起こします。

これから分かるように、血液をドロドロにさせるだけでなく、血管を細くしてしまうことによっても、血液の流れを悪くするという訳なんです。元々ドロドロになっている流れにくい血液が、細くなった血管の中を通れる訳がありません。

タバコは、血液そのものにも、そして、血管にも悪影響を与えて血液の流れを悪くし、合併症を引き起こすんですね。

下記に、ちょっとまとめてみました。

▲ページのトップに戻る

糖尿病とタバコの最悪の関係

  • 1)タバコは赤血球の量を増やし、ドロドロ血液を引き起こし、血液の流れを悪くさせる。
  • 2)タバコのニコチンは、血小板を粘着させ、血液をドロドロにして、血液の流れを悪くさせる。
  • 3)タバコのニコチンは筋肉を収縮させ、血管を細くし、血液の流れを悪くさせる。

と、ざっと考えても、タバコがいかに血液の流れを悪くし、合併症の要因となっているかが、よく分かりますね。
さて、ここでは特に糖尿病とタバコとの関係だけに絞って取り上げましたが、言うまでもなく他の害も無数にあります。何と言ってもタバコには、200種類以上の有害物質が含まれているのですから。

火に油を注ぐ、という言葉がありますが、糖尿病にタバコは正にその言葉がピッタリ当てはまりますよ。
繰り返しになりますが、元々糖尿病は心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気を引き起こしやすいのです。にも関わらずそれにタバコが加わると、その危険は何倍にも跳ね上がります。

禁煙に向けて、何とか一生懸命に励みましょう。大事な自分の体のために、そして大切な愛する家族のために…… ドロドロ血液は大敵の血栓を生じさせます。血栓というのは、怖い怖い脳梗塞や心筋梗塞の主原因となっているものです。では、具体的に血栓とはどういうものなのでしょうか? 血栓を無くすためには、何が必要でしょうか?

血栓って何?どうすれば防げるの?

---------------------------------------------------------------------------------

脳梗塞や心筋梗塞や血栓症の専門サイトができました!
脳梗塞や心筋梗塞と血栓の関係について、分かりやすく解説しています。
治療と予防にお役立てください。

↓ ↓

血栓と脳梗塞の関係について

 

あなたはご存知でしょうか?
糖尿病の本当の原因を

食べ過ぎ?
飲みすぎ?
運動不足?

いえいえ、本当の原因は
違うところにあるのです

 

 

▲ページのトップに戻る

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。