基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

そこが知りたい!糖尿Q&A

流れてよくなる.comお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

 ■ プライバシーポリシーについて

ドロドロ血液の恐怖 恐ろしいドロドロ血液
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ >血液とアルコール

血液とアルコール

糖尿病とお酒

糖尿病の人は、糖分を控えめに、これは鉄則のように言われています。そして、低カロリーのものを摂るようにも心がけておられることでしょう。多くの人にとって、糖尿病と闘っていく上で、食事制限はかなりの苦しみです。そして、特にお酒好きな人にとっては、断酒や節酒を行なうことも、なかなか大変なことですよね。

ところで、糖尿病とお酒の関係とはどのようなものでしょうか。糖尿病の人は、絶対にお酒を飲めないのでしょうか?もし飲めるとすれば、それはどのような場合でしょうか?そういったことをご一緒に考えてみましょう。

お酒の効能

お酒は昔から、「百薬の長」などと呼ばれ、健康に役立つ場合があることは知られています。実際様々な文献によると、少量のアルコールには、脳こうそくや心筋こうそくなどの重大な合併症の原因となる、血管内にできる血栓を溶かす作用があると書かれています。

では、この場合の少量とは、どれくらいを言うのでしょうか?

それは、1日30ミリリットル だそうです。1日30ミリリットルのアルコールは、健康な方の身体にとっては良いとされています。

30ミリリットルを、それぞれのお酒に換算すると、

  • ビールは大瓶1本まで
  • ワインなら、グラス1杯まで
  • 日本酒なら、1合まで
  • ウイスキーなら、シングル水割り2杯まで

が基準になるそうですよ。参考にしてくださいね。また、少量のアルコールは緊張を解きストレスを和らげたり、人間関係を円滑にするのにも役立つと言われていますよね。

お酒の害

少量のアルコールは血栓を溶かしたり、できにくくしたりする、ということですが、一方で度を越えた飲酒はどうなるのでしょうか?

当然、言うまでもなく、身体全体にとって、飲み過ぎはよくないですよね。糖尿病の大きな問題は、血液の流れが悪くなることにありますが、実はお酒の飲み過ぎは、そのことと深い関係があるんです。

血液の流れが悪くなる原因は色々とありますが、その一つは脱水症状です。脱水症状によって血液の粘着度が増して、ドロドロになっていくと、気を付けなければならない深刻な合併症が起こりやすい状態になります。アルコールの摂り過ぎは、正にこの脱水症状を引き起こすのです。

でも、お酒も水分ですから、それを大量に飲むと水分補給をしている事になり、脱水症状とは逆なんじゃないの?と考えがちですが、アルコールは、ご存知のように利尿作用が大変強く働きますよね。飲めば飲むほど、トイレに行きたくなりますよね。

その尿によって、体内の大量の水分が失われていきます。そうすると、血液はドロドロしてきて、流れが悪くなり、糖尿病の症状が悪化するということにつながっていきます。ですから、酔っ払って、そのまま寝てしまい、朝まで全く水分補給をしない、なんてことは大変危険なのです。

さらに、アルコールは食欲を増進させる働きがあります。これはよく言われる点ですよね。食前酒などを利用される方が多いのもそのためですね。でも、言うまでもなく食欲の増進は糖尿病と闘っておられる方にとっては、大問題です。増進しては困るからです。いつもは食事制限で頑張っていても、お酒を飲むと食欲が増し、ついつい食べ過ぎてしまうということはよくある話です。これではせっかくの日頃の節制が台無しです。自制ができないなら、始めから止めておくのが賢明ですね。

また、糖尿の薬を服用している場合も、アルコールの利用にはかなり注意が必要です。同時に飲むことはもちろん駄目ですよ。気分が悪くなったり、低血糖を引き起こす場合があることも言われていますから。薬の作用を弱めたり、逆に効きすぎてしまう、などということも言われています。インスリン注射をしている場合も同じことが言えます。

一般に病院の食事療法の指導では、基本禁酒を言われます。糖尿がかなり進行している場合や、動脈硬化や合併症が心配されるほどの場合も、禁酒を守るように指示されます。一方で、少量のアルコールが許可される場合もあります。その大体の規準は下記のとおりです。

  • 血糖値が基準値内で維持されている
  • 合併症が起きていない
  • 薬の服用やインスリン注射をしていない
  • アルコールに依存しない(自制がきく)

といった規準です。

それで、もし飲酒する場合でも、毎日ではなく必ず間隔を空けること、絶対に飲み過ぎないこと、調子に乗って食べ過ぎてしまわないこと、こういうことをきちんと守れるかどうかがポイントになってくるようです。でもそれが難しければ、始めから一切手をつけないに限りますね。

アルコールの飲みすぎは、血液をドロドロにし、それが脳梗塞や心筋梗塞を生むと言われています。そうならないためには、血管を強くすること、血管内の老廃物を取り除くことなどが関係してきます。

糖尿病と血液の流れとの深い関係については、下記からもお調べいただけます。

糖尿病と血液の流れとの関係について

---------------------------------------------------------------------------------

脳梗塞や心筋梗塞や血栓症の専門サイトができました!
脳梗塞や心筋梗塞と血栓の関係について、分かりやすく解説しています。
治療と予防にお役立てください。

↓ ↓

血栓と脳梗塞の関係について

 

あなたはご存知でしょうか?
糖尿病の本当の原因を

食べ過ぎ?
飲みすぎ?
運動不足?

いえいえ、本当の原因は
違うところにあるのです

 

 

▲ページのトップに戻る

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。