基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

基礎編2 糖尿病についての基礎
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > ヘモグロビンA1c値とは

ヘモグロビンA1c値とは

糖尿病とヘモグロビンA1c値

血液検査にいくと、検査結果の中に、「HbA1c」という項目があります。糖尿病に関してある程度知識がある方なら、十分理解できるかもしれませんが、それほど詳しくない方にとって、アルファベットと数字だけ並べられても何だかよくわかりませんよね。

実はこれは、ヘモグロビンA1cという言葉の略で、検査結果から自分自身の血糖状態を知る上で、非常に重要な数値の一つなんです。

ヘモグロビン(Hb)とは、聞いたことがある名前かもしれませんが、血液の赤血球に含まれているタンパク質の一種です。これは、酸素と結合して酸素を全身に送る役目を果たしています。

このヘモグロビン(Hb)は、血液中のブドウ糖と結合するという性質を持っているんです。そのブドウ糖と結合した物の一部分が、ヘモグロビンA1cと呼ばれています。血液検査の項目では、この部分に注目することが必要になってきます。

通常、赤血球の寿命は4ヶ月と言われていますが、その間に赤血球は血管の中をグルグル周っていきます。その時に、血液中の余分のブドウ糖と次々に結合していきます。血液の中に余分のブドウ糖があって、高血糖状態が長く続くとヘモグロビンとブドウ糖は、どんどん結合していきます。

つまり、血液検査の結果、このHbA1cの値が高ければ高いほどたくさんのブドウ糖が余分に血液中にあってヘモグロビンと結合してしまった、という訳なんです。

正常な人であれば、HbA1c値は 5.8%(NGSP値6.2%)以下とされています(※)。
一方、それ以上の数値ですと、高血糖状態が続いていた、ということになります。この数値が、8.0%(NGSP値8.4%)を超えた状態が長く続きますと、色々な合併症を起こすと言われていますので、多くの医療機関では、この数値を下げることに主眼がおかれています。
(※)2012年4月1日より、日本糖尿病学会では一般的な診療におけるHbA1cの数値を、国際標準値(NGSP値)と併せて表記しております。したがって、これまで使用していた数値(JDS値)よりおよそ0.4%高くなります。

このHbA1c値は、過去1ヶ月〜2ヶ月の血糖状態を表すので、血糖値よりも正確な血糖状態を知ることができます。

血糖値は、あくまでも血液検査をした時点での血糖状態なんです。
ですから、食前と食後では当然違いますし、検査前に何かのことでストレスを感じると、それだけで血糖値が上がる場合もあります。

つまり、ある場合こんなことも有り得るんですね。

1ヶ月前の検査時より、血糖値は下がっている。でも、HbA1cは上がっている。

こんな時、血糖値が下がっているから、よかったよかった、ではなくて、たまたま検査をした時には血糖値が下がっていただけで、本当はこの1ヶ月あまり血糖状態が良くなかったということを、実は教えてくれているんです。

逆に……
1ヶ月前の検査時より、血糖値は上がっている。でも、HbA1cは下がっている。

血糖値が上がっているから、ショック・・・(T_T)

とは限らず、たまたま検査時に血糖値が少し高くなっただけで、HbA1cは下がっているのですから、
ここ1ヶ月ほどの間の血糖状態は比較的良かった、ということも考えられる訳です。

ですから、長い目で見て自分の体がどのようになっているかはこのHbA1cという数値が重要になってきます。
検査結果の血糖値だけを見て一喜一憂するのではなく、このHbA1c値にも注意を払ってくださいね。
もし、血糖値はあまり変化がなくても、このHbA1cの数値が少しでも下がっていたとしたら、それはとても良い兆候かもしれませんよ。

でも実際は、なかなか食事制限や運動などを頑張っていても、この数値が下がらないと悩んでおられる方は多いのです。どうして、こういった数値はなかなか改善しないのでしょうか。
実は、それには深〜い理由があるのです。

糖尿病の人が不足している、特定の栄養素と関係しているのです。

よろしければ次のお話から調べてみてください。

↓  クリック! ↓


糖尿病の本当の原因とは?


「糖尿病の本当の原因とは」解決編へ






▲ページのトップに戻る

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。