基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

基礎編1 糖尿病についての基礎
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座で前兆・症状・予防方法を紹介【流れて良くなる.com】トップ > 糖尿病ってなに? > 糖尿病の種類 > 糖尿病発症の仕組み > 糖尿病の治療薬など基本的な治療法

基本的な治療法

糖尿病と闘っていくために、今現在糖尿の治療方法にはどのようなものがあるのかを知っておく必要がありますね。代表的なものをここでご紹介いたします。糖尿病の治療は、基本的に次の3つで成り立っています。

  • 1) 食事療法
  • 2) 運動療法
  • 3) 薬物療法

これはごく基本的なことですが、とても大切なことなんです。
まずは、食事療法から考えてみましょう。

食事療法

糖尿病になりつつある方や、糖尿病の方に肥満の方が多いのは事実です。暴飲暴食が、糖尿病の進行に拍車をかけています。体が処理できないくらいの、糖分や栄養の過剰摂取は、何と言っても控えなければいけません。

一般的には、カロリー制限をするようにお医者さんからは指導されます。ひどい場合は、入院して徹底的に体重を落とすように指示される場合もありますが、1日の摂取カロリーを1,600Kal以内にするように、というのが通常の指導です。日本糖尿病協会が出している、食品交換表を利用するように勧められます。

さらに、単に摂取カロリーを減らすだけではなく、栄養バランスを十分に考える必要があります。体に必要な栄養素がバランスよく体内にあってこそ糖尿は改善していきますので、バランスも大変重要ですね。

しかし、なかなかこれまでの長年の食生活の習慣を断ち切ることができず、途中で挫折してしまうことも少なくありません。又、仕事での付き合いやお酒を止められないとか、カロリー計算をして食事をつくるのが面倒だとか、家族の協力も必要となってきますので、食事療法は決して簡単なものではありません。
ですから、糖尿を絶対に治してやる!闘ってやる!という強い決意が本当に必要となってきますね。

糖尿病の本当の原因について知りたい方はこちらから

運動療法

糖尿病は運動不足によっても引き起こされます。適度な運動は、予防や改善に必要です。なぜ運動療法が効果的かと言うと、まずダイエット効果があるという点がありますね。そして、次に、運動はインスリンの効きを良くする、という報告もあります。

運動によってインスリンが活性化して、本来の働きをしやすくなります。特にインスリンが元気がないというパターンの方は、取り組んでみる価値がありますよ。

しかし、急激な運動は逆に身体にとって悪影響を及ぼします。特に、肥満ぎみの方は、激しい運動によって足腰、ひざなどを傷めてしまうことが多いようですので、それほど負担のかからない運動が必要ですね。一般に奨められているのは、1回30分〜1時間程度のウォーキングです。それを週に3回ほど行ない、慣れてくれば、時間や回数を増やしたり、さらにはジョギングへ、と少しずつ負荷をかけていきます。自分の体調に合った方法と時間で、まずはとにかく体を動かし始めるのが良いようですね。

とはいえ、低血糖などの症状がでる恐れがある場合は、運動療法は慎重に行なう必要があります。運動の途中で、低血糖症状が起きる場合が多いからです。そういう方の場合は、お医者さんの指導の下で、取り組むことが大切です。

糖尿病の本当の原因について知りたい方はこちらから

薬物療法

病院からの薬によって、血糖値を下げる必要がある方もおられます。薬は副作用があるので、あまり利用したくない、そんな方もおられるかもしれませんが、かなりの高血糖の場合、薬によって早い目に血糖値を下げるのが有効な場合もあります。

病院からの薬には、それこそたくさんの種類(製品)がありますが、基本的には次の3つのものに分けることができます。

  • 1) α−グルコシダーゼ阻害薬
  • 2) スルフォニル尿素薬
  • 3) インスリン抵抗性改善薬

では、一つずつ見ていきましょう。

1) α−グルコシダーゼ阻害薬

まずは、このα−グルコシダーゼ阻害薬と呼ばれるものですが、この種類の代表的な製品名は、グルコバイやベイスンと言った製品があります。どんな作用がある薬かと言いますと、食後の血糖値の上昇を抑える、という働きがあります。食前に飲んでおくと、食べた物の分解や吸収の速度を遅らせる働きがあるため、食後の血糖値の上昇を防ぐという訳です。体には、食べた物を分解する働きがありますが、腸の中にはこの分解を助ける酵素が存在しています。

この酵素の名前が、α−グルコシダーゼと言うんです。その分解酵素の働きを阻害するので、α−グルコシダーゼ阻害薬と呼ばれているんですね。比較的副作用がないようですが、しかし、食べた物の吸収速度を抑えるだけで、結局は食べた物は全部吸収されていきますので、食後の血糖値の急激な上昇を抑える、その働きだけと考えることができます。

2) スルフォニル尿素薬

スルフォニル尿素薬ですが、この種類の代表的な製品名は、ダイアグリコやオイグルコン、アマリールといった物です。
この薬の作用としては、すい臓を刺激してインスリンの分泌を高めようという意図があります。インスリンをもっと一杯出して、それによって血糖値を下げようという考え方です。

しかしこの薬は、すい臓がインスリンの製造する能力がまだ残っている場合にしか、効果が得られないとされています。いくら刺激しても、すい臓がもうインスリンを製造できないのであれば、効き目はありません。

又、低血糖の副作用がありますし、必要以上にお腹が空くという副作用もあるんです。ですから、食事療法をきっちり守れない場合も多く、過食の傾向に拍車をかけてしまう場合もあります。

3) インスリン抵抗性改善薬

この場合は、インスリンは出ているにも関わらず、インスリンの効きが悪い、インスリン抵抗性と呼ばれますが、その場合に使用される事がほとんどです。製品名としては、現在、アクトスという名前の物があります。
しかし、この薬は副作用がきつくあまり使用されることはありません。肝臓に悪い影響を与える場合がある事が報告されています。

このように、たくさんの製品は出されていますが、大体上記の3つに分類することができます。しかし、どれも糖尿病の根本治療ではなく、血糖値の上昇を抑えることが主な目的ですし、薬の使用をやめると、また体調がおかしくなることが多いんですね。現在の薬での治療の限界を感じます。

さて、このように糖尿病治療の3つの基本的なものを考えてきました。食事療法、運動療法、薬物療法、どれも大切なものですが、しかし中にはこんな方もおられます。

  • 食事制限も頑張っている。
  • 運動だって、得意ではないのに一生懸命にしている。
  • お薬だって、言われた通り服用している。

なのに、なのに

「なのに、全然良くならない〜!」

そうです。そうなんです。一生懸命に、毎日毎日努力していても一向に改善する気配がない場合があるんです。本当に落ち込みますよね。

一体どうしたら、良いのでしょうか……

どうして、今の治療法では改善しない場合が多いのでしょうか。それは、今の治療法の多くが糖尿の本当の原因にアタックしていないからなんです。つまり、あくまでも現われた症状を抑える治療方法であって、糖尿病の根本原因を直接取り除く治療ではないからです。

では、糖尿病の本当の原因って何でしょうか?
今の治療方法はなぜ限界があるのでしょうか?
糖尿病の根本原因にアタックする最新の糖尿病治療とはどのようなものでしょうか?
下記からどうぞお調べください。

糖尿病の最新理論はこちらから

---------------------------------------------------------------------------------

あなたはご存知でしょうか?
糖尿病の本当の原因を

食べ過ぎ?
飲みすぎ?
運動不足?

いえいえ、本当の原因は
違うところにあるのです

「糖尿病の本当の原因とは」解決編へ

 

▲ページのトップに戻る

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。