基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

そこが知りたい!糖尿Q&A
Yahoo!ブックマークに登録

トップページ > 血糖値はどの程度気にする?

血糖値はどの程度気にする?

血糖値はどの程度気にするべき?

血糖値はどの程度気にするべき?

糖尿病との闘いには、血糖値を下げることが関係していますね。病院ではいつも血糖値を測定して、「調子が良いですね」、とか「もう少し頑張ってくださいね」、などと言われます。血糖値をしっかりと管理することが、改善への最善の方法と一般には言われています。

でもこの血糖値ですが、余りにも血糖値の上下に一喜一憂する必要があるでしょうか?

こんなお便りを頂戴しましたので、考えてみましょうね。

三重県 真二さん
糖尿と医者から言われ3年の者です。最近になってようやく本格的に食事や運動をはじめました。毎日毎日食後血糖値を計っていますが、不思議に思うことがあります。同じ物を食べても血糖値が大きく違っているということです。

医者からは血糖値の変動に注意深くあるようにと言われましたのでそれに興味を持ち、色々と試してみました。昼食は社内食堂を利用しておりまして、たとえばある日はスパゲティーを食べた後に計りまして、食後200という数値が出ました。別の日に同じスパゲティーを食べたのですが食後300を超えました。他にも色々と試してみましたが、同じ食べ物や同じカロリー数のようなものでも私の場合血糖値の変動が大きいのです。

食後の血糖値が空腹時の血糖値と同じほど低い日もあれば、暴飲暴食をしていないのに、異常なほど高くなる日もありました。これは私の体が何かおかしいのでしょうか。


真二さん
ご相談ありがとうございます。

ご相談頂く中でも、この血糖値の変動についてのものは結構多いんです。特にしっかりと血糖コントロールや管理をしようと考えておられる方にとっては、悩みの種と言えるかと思います。

ほぼ同じような物を食べ、同じ生活をして、別段変わったことをした訳ではないのに、食後の血糖値が日によって大きく変動する のはなぜか?興味深い点ですよね。

確かに食事内容やカロリーが同じなのに、数値が大きく変わるのはなぜだろう、と思いますよね。もしわたしたちの体や内蔵機能 がロボット的に動くのであれば、同じ物を同じようにして食べれば、いつも同じ数値を表わすと思います。ところが、わたしたちの体はそのような物ではないために、日によって数値が大きく変わることが有り得ると言えますね。

みなさんもよくご存知のように、食事をすると必ず血糖値が上がりますね。それを感知してすい臓からインシュリンが分泌され、そしてインシュリンの助けによってブドウ糖が細胞内に取り込まれ、その結果として血糖値が徐々に下がっていきます。

しかし!

ここがポイントですが、すい臓は、ただ食事をするという行為をしたから自動的にインシュリンを分泌させている訳ではありません。食べたものが消化・分解・吸収され、ブドウ糖として血液中に放出された

つまり血糖値が上がった!

ことを感知して分泌し出しているんです。

ということは……

もしその日の胃腸の具合が悪く、消化・分解・吸収の過程のどれかあるいはいずれもが遅くなってしまうとどうなるでしょうか。そうなると、同じ物を同じ量食べても、食後2時間の血糖値は違ってくると言えますよね。

胃腸の調子が良い時は、消化・分解・吸収がスムーズに行なわれる事によって、インシュリンの分泌もスムーズに行なわれますので、たとえば食後2時間の血糖値も落ち着いているでしょう。食べた直前はもっと上がっているものの、2時間後には落ち着いている訳です。ところが、別の日に全く同じ物を同じ量食べたとしても、その日の胃腸の具合が悪く(調子が悪いと自分では感じない場合でも、胃腸が調子を崩している場合も当然あります)消化・分解・吸収の過程に遅れが生じると、ブドウ糖の放出もいわば遅れる訳です。そうすると、インシュリンの分泌も遅れますので、すべてが遅れ遅れになりますので、2時間後の血糖値も当然高いまま、ということになると言えますね。

これが、日によって食後血糖値の変動がある一因ではないかと思います。ですので、そのような状況にある方が特に何かおかしいとか、深刻なほど病状が進んでいるとか、そういうことではなく、誰でもそのような変動はある、というふうに考えていただいてよいかと思います。

もちろん、消化・分解・吸収だけでなく、すい臓の機能の具合によっても変わってくることもあるでしょうね。すい臓の機能が弱っている方の場合、毎日食後にきちんとインシュリンを分泌することが難しい場合もあると思います。そうなると、昨日は食後血糖値が低かったのに、今日は高かった、ということが起こると思います。

また、すい臓をを刺激してインシュリンの分泌を促すお薬を服用されている方でも、薬を利用しているからといって、いつでもきちんとすい臓がインシュリンを分泌させる訳ではありません。多少効きが良い日もあれば、悪い日もあるでしょう。すい臓自体が元気のない日もあると思います。それによってインシュリンの分泌が遅れる場合は、やはり食後の血糖値も幾らか違ったものになると思います。

また、計測した日の昼食は同じ物でも、前の晩の夕食は違うでしょうし、その前後の食習慣や疲労、ストレス度も違うと思います。そのような微妙な違いによって、同じ物を同じ量食べても、数値が変動してくると言えます。

もしわたしたちの体がロボットのように機能するのであれば、いつでも同じ数値を示すと思いますが、実際のところそうではありません。(もしそうであれば、大変分かりやすく、治療もしやすいですけどね)

血糖値は本当にちょっとしたことで上下します。特にストレスを感じた時に体内に分泌するホルモンが、肝臓などに蓄えられているブドウ糖(グリコーゲン)を放出させますので、それが血糖値の上昇を促す場合もあるんです。本当にちょっとしたことでそうなるんですよ。

余談ですけど血圧なんかもそうです。本当にわずかなことで上下するようです。

それで大切なのは、血糖値よりもむしろHbA1c値です。それが安定していれば合併症の危険もなく、ほぼ安心ではないかと思います。血糖値の上下は目安にはなりますが、それにあまりに一喜一憂するのは決して良いことではありません。あくまでも目安程度に考えることができると思います。

余りに気にしすぎると、かえってそれがストレスになり、悪循環に陥る場合もあります。糖尿との闘いは、正直長い闘いです。毎日毎日の血糖値の上下に一喜一憂していれば疲れてしまい、闘う気力もうせてしまうでしょう。血糖値を気にしたり、しっかりと管理するのは大切ですが、血糖値に対する平衡のとれた見方を持ちましょう。





でも実際は、なかなか食事制限や運動などを頑張っていても、なかなか数値が下がらないと悩んでおられる方は多いのです。

どうして、なかなか改善しないのでしょうか。

実は、それには深〜い訳があるのです。

その訳とは何でしょうか?

それは実は、糖尿病の本当の原因は、単に食事の摂り過ぎや、運動不足だけではないからです。

えっ!?
じゃあ、何が原因なの?

そのことは、よろしければ次のお話から調べてみてください。

↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

 

▲ページのトップに戻る

この情報はいかがでしたか?お役にたちましたか?
現在、糖尿病をとにかく分かりやすく解説した無料のメールマガジンを発行しています。

その名も……「くたばれ糖尿病!」です。

  • ・あれ、この症状はもしかして糖尿病?
  • ・糖尿はどうすれば予防できるの?
  • ・どうすれば改善するの?
  • ・家族が糖尿病に、どうすればいい?
  • ・食事制限はどうすれば?

そんな疑問や質問を解決いたします。下記にEメールアドレスをご入力いただき、「配信許可」ボタンを押すと次号からEメールで届きます。もしお役に立たなければ、いつでも解除可能ですのでご安心ください。
サンプルページはこちらから

購読者数:  15000名を突破 [ ]
みんなで一緒に糖尿病について勉強しましょう!

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

メルマガのご感想

秋山さん

糖尿病と上手に付き合う、母が通っている病院の先生も同じ言葉を言っていましたが、わたしたちはなんだか違うなと思ってました。ただ何が違うのか、どのように表現したらよいかがわからなかったのですが、このメルマガを読んで分かったような気がしました。「くたばれ!」という気持ちだったんですね。私の大切な母を苦しめる糖尿についてもっと勉強して、絶対に治してやりたいと思います。

Iさん

糖尿病の情報は難しいものが多いですが、これは分かりやすい。糖尿病を我々の敵にたとえているのもおもしろい。病気とは闘うものなんだと改めて思った。これからもよろしく。

相澤さん

血糖値が高いことを砂糖水の法則と書いてましたね。本当にその通りだとうなずきながら読みましたよ。

太田さん

分かっているようで分かっていなかったことが、これを読んで本当に分かった。

Yさん

みんな同じようなことで悩んでいることが分かって安心しました。

Oさん

私は糖尿病ではないのですが、父がそうです。勉強して少しでも教えてあげたいと思い、いつも楽しく読ませていただいてます。とくに今回は笑っちゃいました。話が固くなくてわかりやすいですね。これからもユーモアを織り交ぜながら、ためになるお話を期待してます。

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。