基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

基礎編1 糖尿病についての基礎
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ >糖尿病でも安心して旅行したい!-1

糖尿病でも安心して旅行したい!-1

患者会や旅館の糖尿病プラン活用もおススメ

都心の大手エステサロンでマネージャーを務めるWさん。
身長190cmの巨漢で、学生時代にスポーツで名をはせたこともあり、
とにかく豪快に食べ、かつ飲酒する生活を送っていました。

仕事も順調、子育ても一段落し、人生まだまだ謳歌しなくては!
という50代後半にさしかかった頃、人間ドッグで糖尿病だという
ことが判明。

生活は激変しました。

一口に言うと、徹底した節制。

「食事は一日1800kcalに抑えましょう。」

という医師のアドバイスを厳守し、周囲が呆れるほどの健啖家だっ
たWさんが、酒席ではウーロン茶、おつまみは野菜サラダ、という
毎日。

どうしてこんなに頑張れるのかというと、糖尿病合併症で父親を
亡くしていたからなんです。

「糖尿病ってのは血管がボロボロになるんですよ。うちの親父は
脳梗塞に心筋梗塞、難聴に失明、足の壊疽まで患って、74歳で
鬼籍に入りました。何度も入院してね。僕はあんな死に方はし
たくない」(Wさん)

悲壮な決意で闘病するWさんはみるみるスリムになっていきました
が、顔色は悪く、げっそりとやつれ、人生の楽しみをほとんど放
棄してしまったようでした。

血糖値と一緒に、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)も下げてし
まっていたのです。

食事の量だけでなく、幸福度も減らしていっていた、とでも言う
のでしょうか・・・

そんなWさんに声をかけたのが、ある病院が主催する糖尿病患者の
会で世話役をしているSさんです。

「糖尿病は確かに適切な治療をしなければいけない病気ですが、
きちんとリスクをコントロールすれば、人生を謳歌できる病気
です。楽しむことを諦めちゃいけませんよ。糖尿病といっても
食は楽しみ、たまには旅行だって行きましょう!」(Sさん)

Wさんも患者の会に参加し、病院スタッフも参加しての旅行会にも
出かけるようになったそうです。

顔色もよくなって周囲もほっとしたとか。

糖尿病患者会は、全国にたくさんあり、主催している病院に通院
していなくても受け入れてくれる会が少なくありません。

そういった会に参加するなどして、周りのサポートも受けながら、
もう一度旅行できるようになった、という方はけっこうおられる
そうですよ。

また最近は、食事制限に協力してくれる宿も増えています。

低カロリーメニューを宿泊プランに盛り込んでいる旅館や、油物
や肉料理を控えている場合もあり、提供する料理をかなり融通の
効いたものにしてくれる所も、増えてきています。

また、さらに安心して旅行を楽しめるように

「糖尿病食を出してくれる宿」

もあるんですよ。

伊豆にある某温泉旅館では、総合病院で管理栄養士をしていた栄
養士がメニューを作成しているそうです。

この旅館のモットーは、「食事」ではなく「食治」なのだそう。

その旅館の案内には、こんな言葉が

「温泉旅館が宿泊において、お客様にご提供する糖尿病食とは、
一般的な糖尿病の食事とは違い、海の幸をもちいた健康食であ
りたい。けっして入院時に摂取する一般的な治療食,糖尿病と
いう病をお客様に自覚させてしまう様なメニュー構成であって
はならないというのが私の持論でもあり、このサービスを日本
で始めて温泉旅館にて細分化し独自に対応した経緯でもあります。」

という自信に満ちたこの言葉は、ほんと安心できますよね。

糖尿になってしまったから、旅行はちょっと・・・

とあきらめていたならば、光が見えてきたと思いませんか?


ストレス緩和のためにも旅行を!

糖尿病にとってストレスは大敵です。

「インスリンの働きを抑えるタンパク質TBP−2は、さまざま
なストレスによって不必要な状況で活性化され、糖尿病を悪化させる」

と京都大学の研究チームも報告しています。

ストレスを少しでも和らげて、リラックスするには、旅行がおススメ!

糖尿病患者も、国内旅行だろうが海外旅行だろうが、積極的に出
かけるべきだ、と勧めるお医者さんも増えてきています。

一昔前とは、随分と違ってきていますね。

とはいえ、病人ですから条件や注意点はあります。

ポイントはなんといっても、毎日行っている食事療法、運動療法
のリズムを維持すること。

加えて、薬物療法を行っている場合は薬を飲んだり注射すること
も忘れないこと、挙げることができます。

薬物療法を行っている人については

「低血糖になる場合も考えれば、一人旅はやめておいた方がいい
し、自分で運転しての車での旅行もやめたほうがいいでしょう」

なんていうアドバイスがなされる場合もありますが、以前にこの
メルマガでもご紹介した、低血糖を起こしにくい、新薬も登場し
ていますので、そういったお薬などを活用することもできるかも
しれませんね。

ぜひ、主治医に聞いてみてください。

また、海外に行く場合は、糖尿病患者用IDカードは旅行する国
の言葉で記述しておくことも重要です。

日本糖尿病協会でも

「もし海外旅行の途中で病気やけがをしてしまったら,英文カー
ドはそんなときに役立ちます。表紙には糖尿病患者であること
が5ヶ国語で大きく書かれています。中面には、経口剤の服用や
インスリン注射をしている場合のその治療内容、合併症の状況
などが記入できます。出発前に主治医の先生に英文で書いてい
ただきましょう」

呼びかけています。

そして、旅行するときは主治医に相談するのも忘れないでくださ
いね。

行き先を伝え、注意すべき点や持参するものを相談しましょう。

そして実際に旅行に出かけたら、自分が糖尿であることを頭の片
隅におきつつも、その旅行をしっかりとエンジョイすることも、
大切です。

血糖値が上がるかも・・・

症状が悪化したらどうしよう・・・

確かに不安や心配はあるかもしれませんが、万全の準備をしたな
らば、後はその旅行そのものを楽しむこと!

これが大切ですよ。

あれやこれやと、心配しながらの旅行では、せっかくのストレス
の発散の機会が台無しです。

毎年色々なところへ、奥様と旅行なさるのが趣味のBさん。

糖尿暦20年だそうですが

「最初は心配もありましたが、わたしの場合、旅行に出かけるほ
うが血糖値が安定するんですよ(笑)。日ごろ仕事をしている
場合のほうが、血糖値が不安定なくらいです。ストレスから解
放されることが、血糖に良い影響を与えることを身を持って経
験しています。」

と、こんな経験も聞かせてくださいました。

糖尿病を怖がらず、されど、侮らず

普段から実践している食事療法や運動療法の基本ルールを、旅先
でもしっかり守れば、旅行も決してむずかしいことではありません。


今回のまとめ

糖尿病だからって、人生の楽しみを放棄する必要はありません。
ストレス解消にも効果的な旅行は、むしろ積極的に楽しむことが
できますよ。

それには、

・糖尿病患者会の企画旅行を活用する
・糖尿病食を用意してくれる旅館に泊まる
・旅行前には、主治医に必ず相談する
・食事、運動などの日常のリズムをできるだけ崩さない

こんなポイントを守って、あなたもよい旅を!

次回は、旅行前スクーリングについてなどを紹介いたします。

糖尿病でも安心して旅行したい!-その2へ


【ギモンに思われたことはありませんか?】

実は、食事制限や運動などを頑張っていても、なかなか数値が下がらないと悩んでおられる方は
多いのです。

どうして、なかなか改善しないのでしょうか。

実は、それには深〜い理由があるのです。

その理由とは何でしょうか?

それは実は、糖尿病の本当の原因は、単に食事の摂り過ぎや、運動不足だけではないからです。

えっ!?
じゃあ、何が原因なの?

そのことは、よろしければ次のお話から調べてみてください。


↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

糖尿病の本当の原因とは?

 

▲ページのトップに戻る

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。