基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

基礎編1 糖尿病についての基礎
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ >糖尿病と性格って関係あるの? その1

糖尿病と性格って関係あるの? その1

病は気から−これ本当!?

昔から、「病は気から」と言われますが、糖尿病も、気持ちや性格との関係は深いようです。

その最たるものはストレス。

ストレスで血糖値が高くなるのは、本メルマガの読者なら当然ご存知ですよね。

この場合、血糖値が高くなる理由は、

体や心にストレスがかかると、血糖値を上げるホルモンが分泌される一方で、インスリン抵抗性が強くなっていきます。

インスリンはたくさん分泌されていても、血糖値が下がりにくくなります。

そして、ストレス解消の手段として、過食に走ることはよくあること。お酒を飲む人なら、その量も増えるはず。また、イライラしたり精神的に不安定なときには、空腹でなくても、つい手近にあるものを口に運んでしまいがち。このようなことが、血糖コントロールの悪化につながるのです。

ということは、ストレスに弱い性格、ストレスを感じやすい性格の人は、糖尿病になりやすく、コントロールも難しいとも言えるわけです。

もうひとつ、「糖尿病とうつは併発しやすい」というデータもあります。

糖尿病の人の多くは、家庭でも実社会でもストレスの多い生活を強いられる年齢なので、うつになりやすい状況にあるという訳です。

その結果、糖尿病の人の2〜3割はうつを併発しており、糖尿病以外の病気でのうつの併発(約1割といわれています)より、頻度が高いといわれています。

「うつになりやすい性格」があることは、広く知られていますが、うつ状態では心と体が互いに影響しあい、状況をさらに悪くするそうです。

このほかにも、糖尿病の治療がうまくいきやすい性格、いきにくい性格などもあり、昨今は臨床現場での研究もなされています。

では、糖尿病と性格や気質の関係をさらに掘り下げていきましょう。


こんなタイプは要注意!?

糖尿病になりやすい性格や気質には、「おおらか過ぎる性格」が挙げられます。

格好の例が、『おたんこナース』(小学館佐々木倫子)という漫画にありました。

(あらすじ)

63歳の大江スミは糖尿病患者。自己管理で病気をコントロールできるようになるための「教育目的」で入院してきた。だが食べることが大好きなスミは、看護婦たちの目を盗んで間食してしまう。

彼女のためを思い、厳しく接するユキエだが、スミは逆に腹を立て…(第29話)

この大江スミさん、はっきり言って強烈です。

医療スタッフとの打ち合わせで、ドーナッツを食べながら話していることを注意されると…

「あら、大事なお話の時に低血糖を起こして具合悪くなったら失礼でしょ」

インスリンを自己注射する際、ちゃんと目盛を確認するよう言われると…

「いいのよ慣れてるんだから」

注射後にカステラを食べているのを止められると

「いいのよ食べるために今注射したんだから」

と反論し、認められないと「責任者を呼んで!」と大暴れ。

でも、優しい夫には「パパァ!」と甘え放題。

そんな大江さんに対して看護師たちは「よく言えばおおらかなのよね」とあきれ顔。

漫画ですから、当然誇張された内容ではありますが、いますよね、こういう患者さん。

ある医師も、「こういう方はよくいらっしゃいます」と言っていました。

「慢性疾患の患者さんは『自分が病気であるという意識』が低い方が非常に多い。特に糖尿病の患者さんは…」というのです。

病気であるという意識が低いタイプは、総じて、自分の体の状態や健康に無頓着、無関心。

「まあいいか」

「なんとかなるだろう」

が口癖で、自分に優し過ぎる傾向が強く、そのため、「カロリーの摂り過ぎ、運動不足に陥りやすく、糖尿病になりやすい」と思われます。

糖尿病をはじめとする慢性疾患はセルフコントロールがとても大切です。

食事制限や運動療法は「我慢」や「努力」を要する要素が非常に高いですが、逆を言えば、食事を我慢したり、運動を積極的に行うことができれば、糖尿病はコントロールすることが可能とも言えます。

さらに、そうではない生活を長年続けてきた「つけ」が、糖尿病でもあるわけです。

もちろん、おおらかな性格は、周囲を和ませるし、ストレスをためないで発散できるし、魅力的ですよね。

でも、糖尿病においてはデメリットもあるのは確か。

性格や性質は親から遺伝する場合もありますから、糖尿病の親や親族がいる場合は、家族全員での生活改革が必要かもしれません。

ちなみに、『おたんこナース』の「大江スミ」さんは、婦長をはじめとする看護師たちの必死の努力と工夫、加えて優しい「パパ」も糖尿病に倒れるという試練のお陰で、「おおらか過ぎる性格」を改善し、きちんと食事制限を行えるように成長しました。

めでたし、めでたし…ですね。


今回のまとめ

「病は気から」といいますが、糖尿病と性格・気質の間にも、深い関係があるようです。

■ストレスに弱い性格の人は糖尿病を悪化させやすい

■性格や気質と病気は関係していると感じている医療関係者は多い

■治療が上手くいきやすい性格、いきにくい性格がある

■おおらかすぎる性格の人は、糖尿病になるリスクが高い

■自分の性格・気質の弱点を理解し、糖尿病のコントロールに活かすことが大事

今回は以上の5点を覚えておきましょう。



【ギモンに思われたことはありませんか?】

実は、食事制限や運動などを頑張っていても、なかなか数値が下がらないと悩んでおられる方は
多いのです。

どうして、なかなか改善しないのでしょうか。

実は、それには深〜い訳があるのです。

その訳とは何でしょうか?

それは実は、糖尿病の本当の原因は、単に食事の摂り過ぎや、運動不足だけではないからです。

えっ!?
じゃあ、何が原因なの?

そのことは、よろしければ次のお話から調べてみてください。


↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

糖尿病の本当の原因とは?

 

▲ページのトップに戻る



あなたはどこまで「糖尿病」を知っていますか? まだまだ知って下さい「糖尿病」について。
「糖尿病」の本当の恐ろしさは合併症です。 放っておくと恐ろしい事態を招く「ドロドロ血液」。

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。