基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

基礎編1 糖尿病についての基礎
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座で前兆・症状・予防方法を紹介【流れて良くなる.com】トップ > 血糖値を下げる方法とは?-糖尿病の食事

血糖値を下げる食事のしかたとは?

「血糖値を下げる食事」の間違った常識

糖尿病患者さんのなかには、

「自分は糖尿病だから、カロリーを摂りすぎないように、お昼は軽くおそばぐらいで済ませているよ」

という人が大勢います。

でもこれは、ある意味正解で、ある意味不正解!・・・と言えます。


実は、日本人の多くの糖尿病患者が間違った常識によって、むしろ糖尿病を悪化させてしまうような食事を摂っているかもしれないのです。

では、間違った常識とはいったいどういうことでしょう?

試しに、血糖値を上げたくない糖尿病患者としてはどちらのメニューを選ぶべきだと思いますか?

以下のメニュー対決からセレクトしてみてください。
---------------------------------------------------
1、焼き魚定食 VS ビーフステーキ、サラダ、野菜スープ
2、トースト1枚、コーヒー VS チーズオムレツ、コーヒー
3、ざるそば VS カツオのたたき、鳥のもも焼、味噌汁
4、おにぎり2個 VS 湯豆腐、ローストビーフ、野菜の煮物
---------------------------------------------------

いかがですか?

食事制限をしている身としては、がっつり食べたい気持ちをぐっとこらえて

「焼き魚定食」
「トースト1枚」
「ざるそば」
「おにぎり2個」

を選ぶのでは・・・

ですが、その選択ではかえって血糖値を上昇させてしまう危険があるんです。

血糖値を上げたくなければ

「ビーフステーキ」
「チーズオムレツ」
「カツオのたたき」
「湯豆腐&ローストビーフ」等々を選択すべきなんです。


びっくりしましたか?

「やっぱり、バランスよく食べないといけないんだよね。血糖値を上げないメニューは野菜や豆類をしっかり食べているだろ」

と納得してしまうかもしれませんが、ご用心。

問題は“バランス”ではなく“炭水化物”です。

糖尿病にとって気をつけるべき血糖値の上昇の最大原因は、ご飯や麺類などの炭水化物。

脂っこくてカロリーの高い、欧米化した食生活ばかり注目されがちですが、実はそうではないのです。

アメリカのADA(アメリカ糖尿病学会)の公式テキストブックには、次のように明記されています。

「炭水化物は摂取後15分以内に血糖値を上げ、2時間以内に100%がブドウ糖に変化して吸収される。タンパク質や脂肪はまったく血糖値を上げない」

つまり、たった1枚のトーストやざるそばのほうが、ステーキを一枚食べるよりも血糖値を上げてしまう場合があるということ。

もちろん、カロリーやバランスも意識しなければいけませんが、血糖値を上げないことを重視するならば炭水化物には要注意です。

外食などをする場合には、こういった点を意識してメニューを改めて見直してみてくださいね。


血糖値を上げる犯人は炭水化物?

「ん〜、でもそんなの信じられないよ。」

という人のために、血糖値が上がるメカニズムを少し解説してみたいと思います。

血糖値とは「血液中に含まれるブドウ糖の濃度」を指すことはご存知ですね。

そしてブドウ糖の原料は炭水化物です。

ご飯もそばもラーメンも、とにかくすべての炭水化物は口から摂取された後、胃で消化され、腸に送られ、消化酵素によって分解されてブドウ糖になります。

健康な人の血糖値は、吸収されたブドウ糖の量に比例して上がるということはありません。

なぜなら膵臓がインスリンを出し、ブドウ糖を随時、細胞中に取り込んでくれるからです。

ブドウ糖を取り込むのは主に、筋肉細胞、肝細胞、脳細胞で、筋肉と肝細胞は、インスリンでブドウ糖をグリコーゲンに変えて保存します。

さらに筋肉細胞、肝細胞、脳細胞が保存できる量には限りがあるため、余ったブドウ糖はインスリンによって中性脂肪に変えられ、脂肪細胞として保存されます。

お陰で血糖値は、常に70mg/d〜140mg/dという、調度いいところで保たれているという訳です。

しかしながら糖尿病の方の場合は、インスリンがちゃんと分泌されなかったり、インスリンが正常に機能しないため、摂取した炭水化物の多くはエネルギーとして代謝されずに、ブドウ糖のまま、血糖値の上昇に貢献し続けてしまっている…というわけです。

つまり、血液中の糖分も、ぽっこりお腹にたまった中性脂肪も、原材料はブドウ糖。

もともとは炭水化物なのです。

脂を摂取したから血糖値が上がるのではないし、脂がそのまま脂肪として蓄えられるのでもありません。

たとえばアメリカ人は日本人よりも肥満が多く、BMI値30を超える人は国民の30%以上もいます。
それに対して日本人は3%です。

ところが、糖尿病発症率は日本人のほうが高い!!のです。

ご飯や麺類などの炭水化物を食べる機会が多いというのが、その一因だと言われています。
このことからも、血糖値を上げてしまう、つまり糖尿と炭水化物の因果関係が見えてきますね。

ですので、糖尿病の方の場合、血糖値を上げないためにも、ご飯ものや麺類をなるべく避けるというのが正解なんです。

今回のまとめ

・ブドウ糖の原料は炭水化物。
・血糖値の上昇を防ぐには炭水化物の摂取に要注意
・外食時には、量で判断より麺類やご飯ものといった、炭水化物のメニューに注意する

※ 食事療法には様々な考え方や理論があり、それぞれに科学的な根拠がある場合があったり、それを提唱する医師や専門家がいます。このコラムでは、中には相反するかもしれない様々な情報を取り上げることがあります。そういった多くの情報を提供することで、一方の情報や古典的な考えに固執することなく、最終的にご自分に最も合った最適な方法で糖尿と闘って頂く上での、一助になれればうれしく思います。



いかがだったでしょうか。
今回は「再考:食事療法」ということで、改めて糖尿と闘う上で欠かせない食事療法について、取り上げてみました。
炭水化物が血糖値にどんな影響を与えるのか、以前にも取り上げたことがありましたが、新たな統計なども含めてご紹介してみました。

でも実際は、食事制限や運動などを頑張っていても、なかなか数値が下がらないと悩んでおられる方は多いのです。

どうして、なかなか改善しないのでしょうか。

実は、それには深〜い訳があるのです。

その訳とは何でしょうか?

それは実は、糖尿病の本当の原因は、単に食事の摂り過ぎや、運動不足だけではないからです。

えっ!?
じゃあ、何が原因なの?

そのことは、よろしければ次のお話から調べてみてください。


↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

糖尿病の本当の原因とは?

 

▲ページのトップに戻る

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。