基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

基礎編1 糖尿病についての基礎
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ >糖尿病患者の災害時の備え

糖尿病患者の災害時の備え

災害に備え何を準備しておく?

2011年は大きな自然災害に日本がさいなまれた年でした。

持病を持っておられる方にとっては不安が深まったのではないかと思います。

そこで糖尿病の場合、災害時にはどうしたらいいか?

今回は不安の大きいこのテーマについて、考えてみましょう。

新潟中越地震のときにも各種持病をお持ちの方は、医療体制に相当の不安が生じたと、2011年5月19日、札幌市で開催された第54回
日本糖尿病会年次学術集会の「災害時の糖尿病医療」というシンポジウムでは報告されています。

この時もインスリンが不足してパニックになったり、どうしたらいいのか・・と戸惑う人が多かったようですね。

とはいえ、災害時の「なにをどうしたらいいのか」があらかじめ日常でわかっていれば、命も助かる可能性が高いと言われています。

まさに「備えあれば憂いなし」なのですから持病をおもちの方も悲観することは全くありません。

では今回は、主に災害時及び非難時の食事について考えてみましょう。

災害時に配給されるものは普段食べてはいけないモノばかり・・・

ということで、病状が悪化してしまうのではないかと不安に思う方も多いようですね。

しかし、まず「脳へのエネルギー」を切らさないことを念頭におきましょう。ブドウ糖、甘いもの、穀物を必ず災害用リュックに常備することができますね。

ブドウ糖は今薬局でキャンディー袋のようになって売っている場合もありますし、氷砂糖でも大丈夫です。

そしてお米のレトルト、穀類の緊急食糧も確保しておきましょう。

用意するものの中に、普段食べてはいけないとされるものが入っていても栄養価の高いものを準備するようにできます。

お米は普段はあまり摂らないようにしている場合でも、お米のような炭水化物を食べて脳を動かさなければ、脳へのエネルギーが枯渇してしまう恐れがあります。

というのも、インスリンで脳は動いているわけではなく、脳の唯一の栄養はブドウ糖です。体に取り入れられるときに食べ物は様々な形で栄養素とブドウ糖に分類され吸収、取捨選択されていく仕組みなっている訳ですね。

ですから、まずは脳を動かして「生命を維持」することが最優先となります。

そのためには炭水化物や甘いもの、穀物(お米)を食べて体の維持を図ってください。

制限されていたものしか食べてはいけないと思っていたのなら、まず安心してください。ご飯や甘いもので脳の働きを正常に保っておくのが災害時の行動や安全を維持するうえでは最も初めにしておかなければいけないことなんです。

医療体制でもブドウ糖がある場合は、ブドウ糖を、まず点滴なり、貰うようにすると良いでしょう。脳の働きをキチンと保たせ、来るべき避難生活に対応できる体と正常な神経を保っておく、そのためには脳へのエネルギーをキチンと補給しておくことが、糖尿病の方にも不可欠なんですね。

 

災害時の食事、本当に出されたもので大丈夫?

「脳へのエネルギー摂取を最優先する」

脳がすべての私たちの体の司令塔です。これを動かす電源(ブドウ糖)が無ければ何も始まらない。

そうは言っても気になるのが、「災害時に配給されたものは何でも食べていいのか?」と悩む人が多いことです。

当然まじめに治療を受けてきた人は、甘いもの、穀類を控え野菜やたんぱく質中心の生活を意識してこられている訳です。

しかし優先順位を決めましょう!

まずは「生きるために災害時は出されたものを食べてエネルギーを確保、脳への指令の電源を確保する」ということです。

おにぎりなどは配給されたら積極的に貰ってOKです。

それはご飯が脳に対するエネルギーを与えやすい主食=炭水化物であることです。

脳は皆さんご存知の通りブドウ糖だけでしか動くことができません。体の中でエネルギーにかえてブドウ糖をグリコーゲンを利用してつくり、脳へ送っているのです。

これは私たちが口にする食べ物でしか作れません。

お米は、体でブドウ糖へのチェンジを行う際に最も燃えカスが出ない、クリ─ンな変換エネルギーと言われています。そしてミネラルやたんぱく質などのバランスにも優れています。

ですので、普段お米をあまり食べないようにしている場合でも、脳のエネルギー源を確保することが最優先である、ということを覚えておいて、配給されるおにぎりなどを、罪悪感なく食べるように意識してみてください。

とはいえ、配給などに関して余裕がある場合は、幾つか注意できる点もありますよ。

たとえばパンなどが配られる場合、砂糖などがたっぷりかかっている菓子パンなどよりも、普通の食パンや甘味の抑えられている種類のパンを選ぶようにすることができるかもしれません。

また、可能な限り高塩分のものを避ける努力も継続できますね。

カップ麺などが配られる場合も、汁を半分残すようにできるかもしれませんし、レトルトのお味噌汁を選ぶ場合でも、最近では減塩のものも多くなってきていますので、そういったものがあるならば意識して受け取るようにすることもできます。

また、甘いジュースを受け取るよりも普通の水やお茶を受け取るように心がけることもできるでしょう。

避難所での配給は、おにぎりなどの炭水化物が多くなる傾向がありますので、難しいかもしれませんが、できるだけたんぱく質を摂るように意識できるかもしれません。

たとえば、お弁当などが配給されたならば、その中で魚や豆類を積極的に摂るように心がけましょう。家族や知り合いの健康な人に、そういった種類のおかずを分けてもらったり、ご飯とおかずを交換するなど協力してもらうこともできるかもしれません。

また、お菓子などが届く場合もあるかもしれませんが、豆類を主成分としたものを選んだり、スナックよりもナッツ類などのたんぱく質が豊富なものを選ぶようにすることもできます。

さらに、食事をする時間にも工夫できます。おにぎりやお弁当などを、一度に食べてしまうと急激に血糖値が上がってしまうかもしれません。

それで、まずはおにぎりを半分食べて、そして2〜3時間後に残りを食べるといったような工夫をして、血糖値を急激に上げないようにもできるかもしれませんね。

災害直後はこういった工夫をする余裕がないかもしれませんが、少し経過してからならば、こういったことを思い出して意識することで自分の身体を守るようにしたいですね。

災害時において、一番気になるのは食べ物。

ましてや、日ごろから食生活にかなりの注意をしている人たちにとっては、かなり気になる点ですよね。

しかし、糖尿だからと言って配給されたものを食べないほうがよくありません。

こうした点を頭の片隅に置きつつ、医療体制が整うまで自身の体調を確保しておきましょう。


用意しておくもの

糖尿病で一番懸念される・・・それは合併症です。

かなり糖尿が進行している方の場合、この災害という非常時に合併症をおこさせないために、どうしていけばいいのでしょうか?

多くの方は、災害時に持ち出すための防災グッズを用意しておられます。

改めて、下記のものがしっかり準備できているか確認してみましょう。

・予備のインスリンや関連道具
(インスリン療法をなさっている方の場合)
・予備の経口薬
(薬による治療を行っている方の場合)
・主治医の連絡先
・処方せんのコピー
・予備の血糖値測定機器

予備のお薬などは、2週間分くらいのものを用意しておけば安心であると考えられています。大きな避難所に避難できた場合、2週間もあれば医療体制が徐々に整っていくことが多いからですね。

食事などは普段のようにという訳にはいかないものの、インスリンやお薬などの予備があると、その面では普段の自分のパターンで過ごせます。

もしなかなか医療体制が整わない様子であるのならば、使用する量を調整し、それに伴い食事の量や時間なども上手に調整していくことで、支援体制が整うまで病状を悪化させることなく、過ごせるかもしれません。

また、こういった医療面のもの以外でも、用意しておいたほうがよいものもあります。

それは何かストレスを緩和できるようなものです。

糖尿病にとっての大敵はストレスです。

もちろんストレスはすべての病気にとってよくないのですが、大地震などの大きな災害の後に、その地域に糖尿病患者が激増したという統計があるほどですから、ストレスが糖尿を悪化させることは間違いありません。

強いストレスを受けると血糖値が上昇していき、それが糖尿を悪化させることに繋がってしまうからです。

それで、災害という強いストレス下においても、いくらかでも気持ちを和らげ、ストレスの緩和に繋がるような物も用意しておくこともできますね。

人それぞれあると思いますが、非常時においてできるだけ気持ちを和らげるのに役立つ物を、防災グッズの中に含めてみてください。

実際災害時において、避難所の方の話を聞いてみると、時間がありあまり過ぎて何もすることがない。気が紛れることがないと、不安や心配なことばかり考えてしまう、という意見が多くあったそうです。

電気が復旧して避難所にテレビが映るようになっても、やっているのは災害のニュースばかりで逆に気が滅入るという声も聞こえてきます。

色々な不安や心配を考えると、それがストレスになっていきますし、何もすることがない状態もイライラが募っていくでしょう。

それである方は小説などの本を、気持ちの落ち着く自分の好きな音楽を録音したものを、トランプなどの簡単なゲームを、野球のボールなど軽く体を動かせるものを用意しておいたら良かったと言っておられます。

避難生活が長引いてくると、かなりのストレスが溜まっていきます。ですので、そういった自分にとってリラックスできるものを周りの方に配慮しながら使用して、ストレスを緩和することで、糖尿にはよくない急激な血糖値の上昇を防ぐこともできるかもしれませんね。

すでに様々な媒体で、どんなものを防災グッズとして持ち出しリュックに入れておけばよいか色々な情報がありますので、あえてあまり触れられていないものについてご紹介してみました。

必ずしも必要という訳ではないにしても、自分にとってのストレス緩和に役立つものをあらかじめ用意しておくのも良いかもしれませんね。


災害時の周りの人の対応

糖尿と闘っている方は、普段から食事の節制をし、できる限り健康に良いものを食するように心がけておられます。

しかし再度強調いたしますが、非常時においてはエネルギーになるものは、きちんと摂取することを意識しなければいけません。

普段控えているようなものも、普段なら口にしないようなものでも、それを意識して食べることで生命を維持しなければいけません。

ですので、災害時に必要な食の基本は

「命を維持することを第一に考える」です。

この考え方を、周りの人たちも共有してあげることが大切になってきますね。

糖尿が悪化するのではないかという不安や、お薬やインスリンが無くなったらどうしよう、そういう心配のために食が細る場合が
あるかもしれません。

ですから周りの方が、本人が食べている量などを確認してあげて、もう少し食べたほうがいい場合には食べるように促すことも、ある場合重要になってきます。

普段控えているものを食べることに、罪悪感を覚える方もおられるかもしれませんので、適量であれば大丈夫であることを、説明してあげる必要もあるかもしれませんね。

しかし、脂っこい物や添加物、塩分の高いものは避けるように見届けてあげられます。

お弁当などに含まれる、漬物や佃煮などは高塩分ですので、そういったものを避けるように注意してあげられますね。

また、先回も触れた点ですが、ジュースよりもお水やお茶、スナックよりもナッツなどを選んで渡してあげるといったことを心がけることもできます。

そうやって、非常時においてもきちんと節制している、食べるものを注意しているという実感を持たせてあげることも、大切なんですね。

さらに、

・患者を無駄に不安がらせない
・疲れたら甘いものは少し食べても差し支えないと覚えておく
・精神的な不安をあおったりパニックにならないように、お互いを励まし合う
・水分を良く摂らせること。疲れたら横になり、無理をしない

こういったことを意識してあげることも、助かるでしょう。

さらに、助けになれる別の点は・・・

避難所生活において、糖尿病の方が陥りやすい考えは、みんな大変なのだから、自分だけ特別扱いしてもらう訳にはいかない。

という考えです。

もちろん、避難所という共同生活においてそういう考えは大切ですよね。

ですが、そういった考えが強すぎると、無理をしたり我慢し過ぎてしまい、糖尿が悪化してしまう恐れもあります。

症状が進行している方の場合は、トイレに行く回数が多いことがありますが、夜中にトイレに行くのは周りの方に迷惑だと考え、かなり我慢してしまうかもしれません。

また、もともと疲れやすい症状があるにも関わらず、みんなと同じように運搬作業やその他の作業に携わろうとするかもしれません。

そういった周りへの配慮によって、体調の悪化や症状の悪化を招いてしまう恐れもあります。

遠慮してなかなか言い出せない、一人だけワガママを言えない、そういった気持ちを抱えている場合がある、ということを汲んであげることも大きな助けになりますね。

「無理しないで横になっていたら?」

「私が代わりにするから大丈夫だよ?」

「周りの人にそんなに気を使わなくてもいいよ?」

周りの人がそんな言葉を時々かけてあげるだけで、気持ちが楽になるかもしれませんよね。

 

災害時は普通時よりもパニックに陥りやすく、細かなことにも不安を覚えてしまうことも少なくありません。

ですから、とりわけ優しい配慮を示してあげることで難しい状況を乗り越えるようにしてあげたいものですね。


↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

糖尿病の本当の原因とは?

 

▲ページのトップに戻る



あなたはどこまで「糖尿病」を知っていますか? まだまだ知って下さい「糖尿病」について。
「糖尿病」の本当の恐ろしさは合併症です。 放っておくと恐ろしい事態を招く「ドロドロ血液」。

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。