基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

基礎編2 糖尿病についての基礎
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > インスリンってなに?

インスリンってなに?

糖尿病とインシュリン

インシュリン (インスリンと呼ばれる場合もある) 糖尿病を語る上で外せないのが、このインシュリンです。インシュリンとは、ホルモンの一種で、すい臓から体内に分泌されるもののことです。血糖値を上げるホルモンは体内に幾つかあるのですが、実は血糖値を下げるホルモンは、このインシュリンしかありません。ですので、糖尿病を改善していく上で、インシュリンはなくてはならない存在なんです。インシュリンがないと血糖値は下がらないからです。

さて、食事をすると、誰でも血糖値は上がります。血糖値が上がると 体がそれを感知して、すい臓がインシュリンを分泌し始めます。そしてインシュリンは、細胞膜にある、インシュリン受容体と呼ばれるものとが結合します。すると、細胞の中にブドウ糖が入っていけるようになるんです。

よく、このインシュリンを鍵に、インシュリン受容体が鍵穴に例えられます。細胞膜上にある、ブドウ糖が入っていくドアは普通は閉まっています。でも、インシュリン(鍵)がインシュリン受容体(鍵穴)と結合することによって、いわばドアが開いて、ブドウ糖が細胞内に入ってくることができるようになります。

それによって、細胞も栄養をもらい元気になり、血液中のブドウ糖も減り、正常な血糖値に戻る、という流れになります。インシュリンの働きの基本的な考え方としては、以下のようなものです。

食事をする

血糖値が上がる

すい臓からインシュリンが分泌される

インシュリンと受容体が結合し、ブドウ糖が細胞の中に

血糖値が下がる(正常になる)

と、このような流れになっています。

血糖値を下げる過程には、インシュリンが絶対欠かせないことが、よくお分かりいただけたと思います。ところが、糖尿病と闘っておられる方の中には、このインスリンが必要量分泌されていない方や、分泌の速度が遅い方もおられ、それが血糖値が下がらない原因となっています。その場合は、インシュリンを分泌するようにすい臓に働きかけるお薬や、インシュリン注射という形で、外からインシュリンを取り入れることが必要になってくる場合もあります。

また、インシュリン抵抗性といって、インシュリンは必要量分泌されているのに、正常に機能しない場合もあります。正常に機能しないとは、インシュリンがインシュリン受容体と結合しない、あるいはしにくい状況を言いますが、そのために血糖値が下がらないということになります。

それで、インシュリンの分泌量が足りない場合や、インシュリンが正常に機能しない場合など、色々ありますが、いずれにしても血糖値を下げ、糖尿病の改善を考える上で、インシュリンは重要な役割を演じているのです。もしインシュリン治療をお医者さんから勧められたなら、是非下記よりご紹介していますが、こういったことに心がけてください。

【糖尿Q&A】 インシュリン治療始める前に はこちらから

---------------------------------------------------------------------------------

あなたはご存知でしょうか?
糖尿病の本当の原因を

食べ過ぎ?
飲みすぎ?
運動不足?

いえいえ、本当の原因は
違うところにあるのです

「糖尿病の本当の原因とは」解決編へ

 

▲ページのトップに戻る

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。